HOME

鑑賞の基本

作法

一礼

● 一礼をする

日本刀を鑑賞する際、先ず、作品を前にして軽く一礼をします。

※鑑定会や鑑賞会では最初から抜身(ぬきみ)で用意してありますが、 白鞘に入った状態、抜身の状態にかかわらず、刀に対して最初に向き合う際、そして見終わる際には一礼する作法を心掛けましょう。

観察・鑑賞の動作

● 手に刀を持つ

右手で持ち上げ、刀を垂直に立て、右手をそのまま真直ぐ前方に伸ばし、刀全体の姿を観察します。 この時、刃先は左側、棟筋(みねすじ)は右側を向くように持ちます。太刀(たち)・刀の区別は関係なく刃先は左側に来るようにします。

[ POINT ]

刀を持ち上げる時は、切先に特別の注意を払ってください。

最初に、刀枕(かたなまくら)に乗せたまま、刃先を45度くらい上に向けてから、切先を浮かせるように持ち上げます。 戻す時は、刀枕に対して45度くらいの角度で棟筋側を当て、そのままゆっくりと刃先を刀枕に戻します。その際、切先が地に触れないように(切先を前方に下げすぎないよう)注意してください。

体配

姿

●元先(もとさき)の差

元幅と先幅の差を比べる・・・元先の差が約30%以上で先細り

●反(そり)

反が浅い? それとも深い?

刃長

●目測の基準

刀・太刀・・・2尺3寸(約70cm)

脇指(わきざし)・・・1尺7寸5分(約53cm)

短刀・・・1尺(約30cm)/8寸5分(約25cm)

※定寸(じょうすん)・・・定寸は武家諸法度(元和元年・1615年)以降の概念であり、本来刃長についての基準はない。

[ POINT ]

刃長の感覚・・・二尺(一尺)を基準として、自分なりの感覚・目安を元に、目測の経験を積んでください。

▶二尺=約60.6cm/一尺=約30.3cm ※ちなみに、A4コピー用紙のタテは29,7cmです。

造込

●本造(ほんづくり)

●平造(ひらづくり)

刀身の形は基本的に本造(=鎬造・しのぎづくり)か平造です。

※これ以外にも様々な造込がありますが、基本はこの2種類。

切先

切先(きっさき)の大小は、AとBの長さの差で決めます。

Aを基準として、

●大切先=BがAよりかなり長い場合

●中切先=BがAより同じ位か少し長い場合

※古い太刀で先幅の狭いものに小切先または猪首(いくび)切先と呼ばれるケースがありますが、それらは切先の欠損や研(とぎ)減りの結果による形状であり、最初から小切先のものは極めて少ない。

踏張

●踏張(ふんばり)があるか、ないか。

踏張があれば、生姿(うぶすがた)・生中心(うぶなかご)に近い形状をしている。

踏張がなければ、研減っているか、もしくは磨上(すりあげ)中心の場合が多い。

※裾拡がり状のフォルムに見えれば踏張があり、直線的な平行状であれば踏張がないといい、刀の保存状態や健全度、後世による磨上などを推測できます。

●棟(みね)の形状

●反をどこでみるか?

反は、棟区角(みねまちかど)から小鎬先(こしのぎさき)を経由して、先端になる棟筋先(みねすじさき)に至る棟角(みねかど)の線を、目で追って反り具合を見ます。

※刀身の一番上になる棟筋(みねすじ)の線ではありません。多くの方が勘違いをしているようです。