HOME

刀装具の極所

時代極の根拠

謎と疑問だらけの刀装具

刀装具、主に小柄(こづか)・笄(こうがい)・目貫(めぬき)・鐔(つば)・縁頭(ふちがしら)を入手する際、皆さんは何を基準に、そして何に惹かれて選んでいるのでしょうか。当然、画題(デザイン)や作者(銘・流派)といった趣向が大きく影響していることでしょう。では、それらの極所(きわめどころ)に関して入手先の言葉をどこまで信用できるのでしょうか・・・。
現在において刀装具は美術品です。歴史的、文化的な価値を擁する貴重な古美術品です。それを前提にした価値基準は、時代(年代の古さ)、出来(品質・技術)が基本にあり、それに健全度、希少性、需要度(作者・流派)が変数として加減されるものと当店は判断しています。これは刀剣類の評価でも同じことだと思います。

それでは一番の要となる「時代」を極める根拠として何があるでしょうか。・・・まずは、作られた当時の技術・技法、材質があります。姿やデザインも時代を極めるポイントであり、時代を映し出す鏡といえるでしょう。極のための確かな根拠と知識(時代背景も含めて)から導かれる評価は、作品が持つ本質の価値を表すものだと思います。逆に、見た目のイメージ、銘、伝来、由来、書籍掲載品などは極の根拠としてはあまりにも脆弱なものだと捉えています。例えば、刀装具の在銘は刀剣と比べようもなく信用性が低く、真偽が入り乱れ混沌としているのが現状であり、市場に出回る大多数が疑いの眼を持って見るしかない状況です。ましてや、刀装具に桃山期以前の在銘作などあり得ません。仮に存在したとして国指定クラスの一握り。鐔に至っては在銘作の殆んどが江戸中期以降、例え無銘の鐔であっても現存作の大多数は江戸後期・幕末から明治以降の作というのが真相です。
一部とはいえ、参考とする書籍さえ偽物が載り、根拠のない絵空事の解説文が教科書として読まれているのも事実です。そんな魑魅魍魎の業界を垣間みて、皆さんはどう対処されていくのでしょう。

当サイトの情報は刀剣・時代刀装具研究家の中原信夫氏による指導と共同研究を基にした解説であり、極めて物証的・論理的な考察の上に立って書かれています。見た目のイメージだけで推察するのではなく、現物の所作、造、構造、材料などから導き出した整合性の視点に立つ時代極を趣旨とするものです。もちろん、その極は絶対とは言い切れません。単なる視点・見方の一例かもしれません。それでも、イメージだけの極や根拠のない褒め言葉による極とは一線を画すものだと信じています。ぜひ、一読してご自身で作品の極を判断する際の参考にしていただければ幸いです。

Introduction by Nobuo Nakahara

中原信夫氏のご紹介

日本美術刀剣保存協会の元理事であり、機関誌『刀苑』を立ち上げた故・村上孝介氏に入門した中原信夫氏。中原氏が師と仰いだ村上孝介氏は、五ヶ伝に代表される『日本刀の掟と特徴』を著し刀剣界の巨匠と謳われた本阿弥光遜の愛弟子。室町後期・江戸期を通して幕府の刀剣鑑定と研の要職を任された本阿弥家の直系であり、光遜から村上氏へ、そして中原氏へと古より伝わる本歌の教えが今に受け継がれています。いうなれば中原氏は、日本の刀剣鑑定の本歌・本流を継承する鑑定家だといえます。
村上氏亡き後、実直で研究熱心であった師の意志を受け継ぎ、自ら『とうえん』を発行し、40年以上にわたり刀剣学者・研究家・鑑定会講師として取り組んだ知識とノウハウそして極は、もはや右に出るものはいないでしょう。金と権力と名誉を嫌い、利権主義の業界から堅物、偏屈者と叩かれながらも、日蔭の中に真の道を歩んできた頑な中原氏の言葉と行動には、最大の敬意と讃辞が贈られるべきでしょう。
そんな中原氏の人間性も魅力の一つであり、故・福永酔劍氏、故・柴田光男氏、故・鶴飼富祐氏、現代刀匠・大野義光氏など、世に名を馳せた良き理解者・賛同者も数多く、今も熱心な愛好家達から厚く支持され慕われています。

中原信夫

中原信夫(Nobuo Nakahara)
刀剣学者・刀剣鑑定家・刀剣研究会講師・時代刀装具研究家

昭和26年
奈良県奈良市生まれ。
昭和49年
同志社大学文学部卒。村上孝介師に入門。
昭和53年
師の死去によって独立し、昭和54年2月から平成10年12月まで研究会機関誌『とうえん』(隔月刊)を発行。全国の刀剣研究会の講師として活動。
平成13年
『-室町期からの- 大分県の刀』を刊行。
平成17年
『詳説 刀の鑑賞(基本と実践)普及版』を刊行。
平成20年
『-室町期からの- 続 大分県の刀 銘鑑付』を刊行。
平成21年
『本阿弥家の人々』を編集・刊行。
平成22年
『刀の鑑賞』を講談社インターナショナル(現・アメリカ講談社)より英訳版を出版。
令和元年
『刀の鑑賞規範』を刊行
現況
全国の刀剣鑑定会・鑑賞会で講師として活躍する傍ら、刀剣の鑑定、時代小道具の研究など、多彩なメディア・媒体を通した執筆活動と啓蒙活動によって、美術刀剣社会の健全化と発展に積極的に取り組んでいる。

拵と刀装具の名称

拵と刀装具の名称