HOME

刀装具の規範

時代(古さ)による価値

古くて希少な特注品と新しい大量の規格品。

現存する刀装具(主に小柄・笄・目貫)は、一般的に室町中期の作が最古とされています。美術品としての刀装具から見れば、古いものほど歴史的価値と希少性が高くなるのは当然です。
豊臣秀吉の刀狩によって下手(げて)作の数物(かずもの)は潰され高品質の上手(じょうて)作が生き残った室町中期から桃山期までの小道具は、材料を節約する技術とオリジナリティが高く、加えて希少性といった視点から若い作よりも高く評価するのはごく自然でしょう。次いで効率化を進めて製作技法に変化(進化)が表れた桃山期の終りから江戸初期は、古雅な感性を受け継ぎながらも匠の技が薄れてゆきます。そして規格品が大量に製作されはじめた江戸前期(武家諸法度以降)から江戸中期は、実用性や趣よりも元禄文化に代表される写実的表現に傾倒していき、最後は古い製作技術が見られなくなり、工業製品の様になった江戸後期・幕末から明治初頭へと続きます。

一作一作手作りされ、オリジナリティを備えた価値基準からみれば、時代が下がるにしたがい品質の評価は低くせざるを得ません。ただし、一流金工による高級な丁寧作はまた別の評価が必要です。当店はこれを基本として、実用美(機能性)と装飾美(デザイン性)に独創性を加味し、評価の価値基準としています。例えるなら、随分と綻びているけど全て手作りのオーダーメイドのスーツか、きれいで新品同様だけど量販店に大量に並んでいる規格品のスーツ、どちらを選びますか?といった類いと同じ価値基準です。もちろん当店は、綻びのある一点物を選びます。なにせ古美術品ですから・・・

色絵の飾色技法による時代区分

剥がれた金板を古雅と見るか、それとも破れたボロと見るか。

刀装具の時代を極める基準として有用なのが、色絵の技法による区分です。ある意味、信頼できる唯一の極め方と言って良いでしょう。特に金の薄板を使った「ウットリ」は室町中・後期から桃山期頃までの古い作に多く、時代が下がるにしたがってこれらの技法はほとんど見かけなくなります。技巧的な評価に加え、破れ剥がれてもその残った様が優雅な古調の風合いを見せ、愛好家達からは価値のある作品と捉えられています。
これと似たものに「袋着(ふくろぎせ)」がありますが、こちらは桃山期あたりの技術革新で使われ出した鑞付(ろうづけ)や漆を接着剤代りに用いた技法といわれており、際端(きばた)の所作(しょさ)に違いがありますが見極めが難しく、よくウットリと混同されがちです。また最近の鑑定書では、両者の違いを区別していないようで、どちらも一様に袋着としているようです。

留意すべきは室町期以前より江戸後期まで長年にわたって作例がある鍍金(ときん:アマルガム)で、擦れによる独特の風合いを好む愛好家もいます。さらに江戸初期以降に一般的な技法となる多様な「焼付色絵」、そして「象嵌」など、飾色の手法や所作、擦れの状態や金板の風合などから各飾色技法を見極める眼が求められます。古さの順としては大まかに、ウットリ→袋着→焼付色絵と見てよいのではないでしょうか(鍍金は時代を特定しにくい)。

造と姿による時代区分

デフォルメされた象徴的表現から、リアリティを求めた写実的表現へ。

三つ目の評価基準として、造込・構造が上げられます。紋を本体(無垢)から彫出したのか、据紋(すえもん)なのか? 材質は赤銅(しゃくどう)、山銅(やまがね)、四分一(しぶいち)、金無垢なのか? そして肉置や寸法といった体配を考慮し、その構造的所作を踏まえて時代区分と品質を極めていきます。
たとえば笄なら、赤銅地に無垢の高肉彫、金ウットリ色絵、蕨手金といった仕様であれば、ある程度は古くて(室町後期から桃山期)品質の高い作とみなせます。もちろん、地色や彫の技巧も見所のひとつです。体配も古い時代ほど定寸(7寸)ではなく、一回り大きめの寸法で肉置も厚くフックラしているのが殆んどで、江戸前期から特に中期以降の肉置の薄い定寸の笄と比較すれば明瞭に判別出来ます。

姿による時代区別が意外に容易なのは、実は紋(画題)のデザインです。デザインというのは時代の流行や感性が如実に表れます。江戸初期頃までの古い小道具のデザインは、身の回りにある自然界の植物・動物・海産物、そして架空の生物、神事、道具などをテーマとして、まるでモニュメントやマークのように強く象徴的にデフォルメされた表現が多く、大概何らかの願望や意味が込められています。それに対して江戸中期以降の作になると、人物や風景・情景といったテーマが多くなり画角の空間を強く意識したリアリティのある絵画的・写実的表現に変化していきます。両者ともにデザイン的な優劣はなく、どちらを好むかは個人の趣向の問題です。

擦れによる評価

手擦れのない七子地? そして埃手垢を洗剤で洗い落とす愚行。

小道具は古美術とはいえ、なるべく綺麗で健全度の高いものが好まれます。確かにこれはもっともな話です。しかし最近の傾向を見ると、最近出来上がったかの様な七子(ななこ:魚子)のほとんど擦れていないものや、埃手垢が全く見当たらないものが紹介されていたりします。一般的に見れば、程度の差はあれ七子の手擦が皆無という作は要注意。浜モノ(輸出用)や明治以降か現代に作られた新物と断言しても良いくらいです。皆さんが、まさか大名家から出た伝来品・献上品などという戯言を信じているとは思いたくありません。その類いの作が一般市場に選べるほど出てくることなど、まずありえませんし、博物館でさえ見ることは難しいでしょう。逆に言えば、手擦は古さの証明であり、それだけ重用されてきた証でもあるのです。

七子地の粒の並び方にも目を向けてください。縦・横・斜目、特に斜めから見て機械で蒔いたようにキッチリと揃っていたら、その作は極めて若い作です。よくて幕末、殆んどは明治期以降から現代の作です。おそらくプレスか型取りしたものです。
そして埃手垢もまた同じ。長年にわたって使われてきた故に、紋の際端(きばた)や凹凸、縁(へり)にこびりついた埃手垢を必要以上に邪魔扱いすることは残念です。確かに他人の手垢がついたものと考えれば、綺麗で状態の良いものを好む人には不必要な代物(ゴミ)なのでしょう。しかし、これも時代の証明であり、無理に取り除くことはせっかくの証明書を破り捨てる様なものです。おまけに取り除いてきれいに洗ってしまうと実際よりも若く見えてしまいます。へたをすれば、色絵を剥がしてしまったり、売却時に時代を若く見られてしまうことにもなりかねません。洗剤で洗う様なことは絶対にやってはいけないのです。このように手擦や埃手垢は、大事な時代考証の物証であり、極端に忌み嫌う所作ではありません。

銘と流派による評価

確証のない金工区分と後藤家上三代の存在。

銘や流派の極(きわめ)をどこまで信用していますか・・・この極の根拠を遡っていけば、後藤家に関しては七代・顕乗〜九代・後藤程乗あたりが基礎を作ったと考えざるをえませんし、江戸時代に書かれた『後藤家彫亀鑑』も大きなポイントです。そこまでは良いのですが、自身の祖父あたりまでの作を極めるのは頷けます。しかし100年以上も前(室町後期)の上三代の極をするとなると、その根拠はどこにあるのでしょう。上三代のそれまでは銘もなく仕事帳も未だ公表されていません。内容にしても、所作に関する図解・解説がほとんどで、身内の口伝と伝承による見解だけです。そうとはいえ、極の見所としては納得出来る点が多いことも事実で悩ましいものです。おそらく古い目利書を基にして伝えられた技法と口伝によるものでしょう。しかも、上三代の存在を証明するものが後代の作った系図の外になく、それは伝承と見るべきで、信じる信じないの話になってしまいます。

銘にしても四代・光乗あたりから見られるとされていますが、小道具の銘は刀の銘とは違って真偽はいたって曖昧で、偽銘・追銘は容易と言わざるを得ません。それ故当店は鐔以外は基本的に在銘作を極力避けています。
後藤家以外でも同じで、古金工、古美濃、京金工、京金具師、正阿弥、甲胄師、鏡師といった区分も確かな確証があるわけでもなく、明治期以降の現代に付けられた名称であり区分です。
その作が持つ風合いは確かに大事ですし、大まかな分類も可能でしょう。しかし、それに見合うだけの根拠や流派による継承が現在にあるならまだしも、まさか、大先生が言われたからとか、通説・俗説をそのまま基準にしているとは信じたくありません。明治期以降の既存の書籍にしても図版ばかりで、イメージ以外の根拠を示してる書籍は皆無です。あくまで時代を示す所作を積み上げ、流派や鑑定書に左右されずその品質を評価することが大切だと信じています。