HOME

鐔の見方

鐔の見方

鐔の現実

大量に出回っている鉄鐔をどうみるか。

鐔ほど時代と真偽を見極めることが極めて難しく曖昧な小道具はありません。WEBで紹介されている大量の鐔をはじめ、現在市場に流通している鐔の数を皆さんどう思われますか。太刀の時代からあったとされる鐔ですが、革製や角製が主流であり高価な鉄鐔を装着できたのは一握りの高級武将。室町期に入ってからでも鉄鐔の現存数は極めて少なく、江戸前期の終わり頃から主流になったとされます。戦には大量の鐔が必要ですが、それのために最重要な戦略物資である鉄を使った鐔、ましてや現今目にしているようなデザインされた鐔を充てがうのは不合理です。仮に鉄鐔であったとしても、切り取った鉄板に孔を空けただけのものでしょう。そういう数物は再利用され、今に残っていないと考えるのが合理的です。

ここから見えてくるのは、皆さんが古いと思われている鐔(江戸初期以前のもの)は想像以上に少ないという現実です。桃山期以前の作は一部(指定品や伝来品、銅鐔など)を除きほぼ皆無、江戸初期から前期は多少散見される程度、江戸中期以降になって隆盛を迎えます。これを全て合わせても現在流通している鐔はどれほどあるか甚だ疑問です。特に本歌と言われるデザインがオリジナルに近い鐔は全体の1割〜2割と言われています。鐔研究家の故・鶴飼富祐氏は著書『新説 刀鐔考』の中で、時代鐔(江戸時代以前)は約1割、他は明治期以降に作られた新物と言い切っています。そして今日もまた“真新しい古作”が生まれているとも・・・。

これらの考察と同時に言えることは、鉄鐔の時代区分は不明瞭で誰にもわからないということです。姿や形状、錆状態、彫や象嵌、銘、画題デザイン等から絞り込んでいくことは可能だと思われますが、果たしてそれが新物や偽物ではないと言い切れるか・・・鑑定書において、論理的、科学的な視点での極は現時点では行われていません。各鑑定機関はもちろん、名高い先生、そして書籍に掲載された極にしても、悪く言えば、見た目のイメージだけでの極なのです。鐔の現実を考慮すれば、基本的に江戸前期以降の作として見所の視点を捉えるべきかもしれません。

鐔の種類・鉄鐔

意外と多い鋳物鐔

鐔の種類には本体(地金)の造込や材料に違いによっていくつかに分けれらます。まずは鉄で作られた鉄鐔。鉄鐔には、鍛練した鍛鐔と型に流し込んだ鋳物があります。鋳物鐔は成型技術が進んだ証拠でもあり、同時に若いとも言えます。代表的なものには南蛮などが有名で、複雑で入り組んだ透の文様・情景が特徴です。普通の板鐔も意外に鋳物が多く、バリの残りやすい側面や地肌をよくよく観察しないと判別できないくらいの精度です。ちなみに鋳物鐔は、硬い所に落とすと割れるそうです。(確かにそうだとは思いますが、試さないようにご注意を。)

鍛えた鐔の平地には、磨地、槌目(つちめ)地、石目地、腐らかし地、縮緬(ちりめん)地、杢目(もくめ)地など種々多様で、それぞれ流派や工人たちの特徴があります。注意すべきは槌目地で、これは扁平だったり凸凹した平地を均一に整えるために叩いた跡で、最初から真っ平らな平地に変化をつけるための所作ではないということです。当時は最初から平らな鉄板はなく、鐔工自身が鉄の塊を叩いて平らにするのです。よく逆の説明をしている書籍や文献がありますが、大きな誤解です。そして鍛造した鐔には鉄骨が現れているものがあり、これは時代を極める見所の一つ。江戸初期以前の古い鐔によく出ると言われ、その形状も多種多様です。しかし、意図的に鉄骨風に見せた新物も非常に多く注意すべき要点です。

鐔の種類・銅鐔その他

ある程度古さはある、しかし・・・

鉄鐔以外には銅が主体の赤銅(しゃくどう)鐔、山銅(やまがね)鐔、素銅(すあか)鐔、四分一(しぶいち)鐔、そして真鍮(しんちゅう)鐔などがあり、ほとんど存在しないであろう金無垢の鐔などの情報も出回っているようです。時代的に言えば、銅鐔以外は結構新しい鐔と考えて良さそうです。真鍮鐔で有名な室町期のいわゆる応仁鐔も例外ではなく、当時金よりも高価な真鍮で作ったという事自体に疑問がつきます。あるとしたら国指定品級の代物。事実、著名な大家とされる先生さえ、自分の著書の中で堂々と偽物を紹介して褒め称えている有様です。それくらい銅鐔や真鍮鐔は古く見えるようです。ただ、実際、鉄鐔より古いとされる割合が高いのは確かです。しかし、時代の上がるものでは室町後期とされる作もある一方で、幕末まで時代が下がる作もあるのも事実。赤銅や山銅の素朴で古風な鐔だからといって一概に古金工とするのは無責任すぎる極だと思われます。その理由はおそらく色合いと地に蒔いた七子地にあるのかもしれません。その中でも特に縦七子は古いとされていて、ある程度是認できる所作の一つと言えるかもしれません。

そして三枚合(さんまいあわせ)の鐔をどう見るかです。画題を型で取った、または彫り上げた表裏の薄板で山銅をサンドイッチした三枚合の鐔・・・彫ミスやコストを最小限にするための工夫と捉えるのが自然かと思われます。やはり物資が豊かになる江戸中期より前の造込と考えられ、ある意味鋳物であり数物ですが、古さの証明でもあるわけです。中には三枚の地板を鑞付ではなくリベット留めした作例さえあります。しかし、この三枚合の鐔も数物の宿命か江戸中期以降に作られた作例も少なくなく、懐古主義による写物として幕末の作さえあり、色絵や画題・デザインも含め、所作を総合的に見極める目が求められます。

姿から見た時代判別

真上からではなく真横から見た形状

一般論としてですが、形状としては丸形、角形、木瓜形、変わり形、奇抜な形状も含めどの時代にもあり、これは趣向の域。ただ真横から見た重ねの造込は時代や流行の特徴がみてとれ、切羽台が平地よりも低くなっている中低(なかびく)、その逆に高くなっているのが中高(なかだか)、切羽台の中央部から耳にかけてなだらかに薄くなったその名の通りの碁石形など、切羽台を中心とした形状に違いがあります。

中低は古い作に多いとされ、碁石形は江戸中期以降に流行したとされています。ただ重ねの薄い厚いは用途や流派によって異なるため一概に時代と関係付けられません。耳の形状も多種多様で、土手耳などは本来は縁の強度を高めるために作り込まれたものですが、時代が下がるにしたがって見た目の装飾を兼ねてデザインされたものが多くなります。覆輪は衣服との擦れを軽減するためとも言われたりしますが、やはり時代とともに見栄えが目的となってくるようです。中には覆輪をすることによって重量を加味し使い勝手を目的にしているケースもあると聞きます。ただ、覆輪は一部を除いて後補の例が多く、材質は金・銀・赤銅・素銅と色々ですが赤銅が相対的に多く使われています。因みに打返耳ですが、幕末期の新しいものほど打返の返が立って切り立った感じになるようです。

風合いの錯誤

見た目の時代に惑わされない。

鐔は時代による構造的差異が少ないので、どうしても見た目のイメージで判断しがちになります。錆の朽込や色絵などの象嵌などはあえて施したのか後補の所作か、また経年の風合いなのかを見極める必要があります。錆状態などは地金の色合はもちろん、櫃孔や透の側面などもバリや妙な朽ち方をしてないか確認します。

俗に信玄鐔といわれる鐔は決して古い作ではなく、江戸後期から幕末頃の作であり、悪くすると明治期のハマモノが多く混じっています。平安城象嵌(与四郎鐔)も似た感じで、確かに本歌は桃山期の作ですが、それはほんの一握り。信玄鐔と同じで明治に大量に作られたハマモノがほとんどです。平安城象嵌は真鍮の象嵌ですから、短期間で古風な錆びた風合いになるため時代の判断がとても難しい鐔の一つです。
真鍮もそうですが素銅もまた錆付しやすい材料で、中心櫃孔に施された素銅の責金は時代の判断材料にはなりません。「よく十円玉を削って責金を作ったよ」と刀剣屋の笑い話にあるぐらいです。今もどこかでせっせと十円玉を削ったり、土中に鉄鐔を埋めたりしているのかもしれません。いえ、今は科学の時代、もっと高度で洗練された胡魔化し方が確立しているとみるべきです。

銘の真偽

一番厄介な極所

江戸中期以降の作がほとんどを占める鐔は、在銘の作が多く存在します。ある意味、在銘の方が芳しいのは確かですが、偽銘(追掛銘)ではないという前提です。当然と言えば当然ですが、これが厄介で、小柄・笄と同じように刀と違って偽銘を入れやすいのです。古い作も新しい作も関係なくかなりの数の偽物が蔓延していると思った方が無難でしょう。
一般的によく言われているのは、銘は中心櫃孔のライン(ハの字)に沿って刻られた銘は不可、垂直に近く刻ってあるのを可としています。また、中心櫃孔があまり拡げられていないのに字画が途切れているのもどうかと。左右に刻った銘の右側部が左側部より低い位置から刻ってあるのも再考する余地があります。

細かい鑚使いや字体の判別は極めて難しく、かなりの経験と知識が求められます。銘の画像が載った文献を参考にするしか自己判断する方法がないのが現状。しかしその文献さえ、偽物が載っているのが現実。最善策は数多くの作を自分の目と手で確かめて、研鑽していくのが早道なのかもしれません。

鐔の趣向

写物だらけ・・・鐔のデザイン

鐔の画題は他の小道具と同じように、そのデザイン、構図、デフォルメといった時代的特徴があります。時代が上がれば簡素で素朴なデフォルメ表現が強く、新しくなるほど徐々に繊細で緻密な描写へと移行し、情景や動きのある絵画的な表現、または奇抜な意匠へ変遷していきます。他の小道具と少し異なるのは、鐔は江戸前期の終わり頃から急増することで、それに伴ってか鐔専門の工人(鐔工)が台頭することです。おのずと時代的な流れを受け、実用から”見せる鐔“へと変化し、描写も技術も芸術性を帯び明治期まで続きます。逆にいえば、江戸前期以前の古い鐔は素朴で数少なく、貴重だとも言えます。

デザインという視点から鐔選びをする際、何を基準にするか・・・これは愛好家それぞれが決めることですが、価値観という点からは、オリジナリティは重要なポイントです。新古を問わずデザインの最初の一枚は極めて貴重で、江戸中期以降の写しに写しを重ねたデザインにはない魅力があるといってよいでしょう。しかし、それとは別に、彫や表現の技術を評価して楽しめるのも愛好家の特権の一つ・・・時代で選ぶ、デザインで選ぶ、彫で選ぶ、風合いで選ぶ・・・周りに踊らされることなく自分の好み・選定基準を持つことをお勧めします。

鐔の時代を極めるポイント

造込 鍛造 鋳物 三枚合 新物 肌目 フォルム(外形) 重ねの厚み
飾色 ウットリ 袋着 鍍金 焼付 象嵌 ※錆色・錆状態
材料 鉄 赤銅 山銅 四分一 素銅 真鍮
所作 鉄骨 彫 据紋 耳の形状 重ねの肉置 覆輪 櫃孔 責金 画題デザイン 銘