HOME

小柄の見方

小柄の見方

姿からの考察

変わった形は新しい作。

小柄の起源は室町初期からはじまったとか、もっと古いという説もあったりと、はっきりしません。その用途も様々な説があるようです。そんな小柄ですが時代を通して最も一般的な姿は、細長い長方形の本体表面の外周に、小縁(こべり)のついた枠のある形、つまり内側が一段低くなった形をしています。ただ、江戸時代に入ると両端に袖(小縁のない余地)を設けて枠(額内)を狭めた「袖小柄」が現れ、小縁の全くない「棒小柄」と呼ばれる形態も出てきます。

その袖小柄は桃山期以前の古い笄の地板と紋を流用し、小柄として仕立て直した「笄直(こうがいなおし)」が多く、古い作とされますが、江戸期以降には最初から袖小柄として作られたものもあり、造の所作に注意が必要です。棒小柄は桃山期にまで遡る作例はないと思われますので江戸期以降の作と捉えてよいでしょう。

小柄の一般的な寸法は長さが9.5〜10cm弱、幅は1.5cm弱のものがほとんどです。例外として室町期と幕末期には長さが10cmを超える「大小柄」と呼ばれるものが存在しますが、室町期の古いものはまず見かけることはないと思いますので、殆んどの大小柄は幕末期の新しい作と推察してください。

造込(構造)から時代推移

継目の確認と、地板の造を見る。

よく観察しないと判りませんが、小柄の造(構造)には様々な種類があります。まずは、一枚の板から作られた造(片手巻)なのか、二枚の板を貼り合わせた造(二枚貼合)なのかを、刃方と棟方の側面と小口・戸尻あたりをルーペ等で見て継目(つぎめ)の筋を確認します。片手巻のほうが古い造とされ、江戸最初期頃から二枚貼合が主流になったとみています。しかし江戸後期の数物(かずもの・粗製品)にも片手巻があり、その区別は材質(数物は山銅や素銅が多い)、デザイン(数物はオリジナリティがなく簡素な彫で紋の高さも低い)、飾色(数物は鍍金などが多く色絵があってもウットリや袋着はない)、七子粒の大きさ(粒が大きい)などから判断します。

さらに二枚貼合構造にも種類があり、紋を表板(上板)の裏から打ち出した造、紋を別個に作り据紋(鑞付またはリベット留)にした造、地板(額内)を別個に作って本体に嵌め込む地板嵌込方式の造(この方式にも裏打出の紋、そして据紋にした紋がある)があり思った以上に多彩です。簡潔に言えば、紋が裏打出方式の高肉彫以外であれば、そのほとんどは江戸期以降の作と思ってください。ただ、笄直はその例には当てはまらず注意が必要です(古い笄は無垢の高肉彫が多く、それを削り地板にして嵌め込んでいる)。紋自体は高肉彫なのか据紋なのかを見るのですが、据紋であれば地板との裾際に接合部や隙間が確認でき、地に蒔かれた七子粒も部分的に隠れて半円形になったりしています。高肉彫は紋の高さと彫出した角度がポイントです。裏から圧し出した裏打出であれば、背も低く側面から見た角度も滑らかな形状(稜線)をしています。

本体の地板の厚さも古さを極める判断材料で、薄い地板ほど古いと思われ、材料が潤沢になった江戸初期以降は徐々に厚い地板を用いた造になっていきます。特に裏板(下板)を見るとその違いがわかると思います。
材質から見た古い上手作は、赤銅七子地に高彫が多く、見るからに上品さや華やかさが感じられます。深味のある黒々とした赤銅が上質とされ、色の風合い(赤みの度合)も極の判断材料となります。時代が下がるにつれ材料も多彩になり、山銅・赤銅に加え四分一・鉄・素銅・真鍮・銀などが使われるようになります。鉄と銀・真鍮などは江戸中期の作もあるようですが、その殆んどは幕末期の作と捉えてよいでしょう。
飾色も前ページで述べた通り、ウットリから袋着そして銀鑞などによる焼付色絵などという流れで時代を見極めていけば、判断を見誤ることはないと思われます。このように、飾色方法、構造、そして材質を見ていけば、、彫口や作域、銘などに惑わされないで、大まかにでも時代の極を推察できるのではないでしょうか。

七子の確認

擦れが全くないのは信用出来ない。

地に蒔かれた(打込まれた)七子(魚子:どちらの表記でもよく決まりはない)ですが、小柄の場合は小口側と戸尻側の両端に擦れの所作が顕著に表れます。特に使用する際に親指が当たる小口側の方が、鞘から引っ張り出す時に擦れる戸尻側より摩耗度が高くなります。もし、全く擦れのない新品同様の七子地の作を見たら要注意、時代の上がらない作とまずは思ってください。よくて江戸後期・幕末。下手をすれば明治期以降の新物かもしれません。ただし、七子の摩耗度と古さは完全には一致しません。どちらかといえば、使用頻度が七子の摩耗度といえます。しかし、減りのない七子は信用出来ないことは確かで、大名家の伝来品などという言葉は信用しないほうが賢明でしょう。

その七子ですが、の粒の細かさと並び方も見処であり、均一で細かく整然と蒔かれた七子はそれ自体が技術的評価が高く、数物に多い粗くて不揃いな七子とは比較になりません。さらに七子が蒔かれた地板と本体の小縁の接合部を確認すると面白い事実が見えてきます。小縁際の七子をよく観察すると、丸い粒がそのまま残って並んでいるのか、途中で切られて半円状になった七子なのかを確認してください。もし七子が切れていたり隙間が見えるようであれば、地板を嵌め込んだ二枚貼合構造。そうでなければ片手巻か二枚貼合構造の裏打出かということに・・・。
棒小柄は磨地(みがきじ)に彫(片切彫など)を施したものもありますが、棒小柄自体が新しいスタイルなので、室町期の棒小柄などという作があれば疑ってみた方が無難です。

画題の考察

人物が登場すれば江戸期以降と思え。

デザインの画題は時代をみる上で極めて有用な手段です。桃山期以前の作は画題となる物や動植物を強くデフォルメした作が多く、シンボルマークあるいは静物画のように象徴的で、額内に配置したときの総体バランスを意識したかのような作です。これが江戸期以降になると徐々に写実的な表現へと変化し、まるで情景のワンシーンを切り取ったかのようなデザインも多くなります。例えば、室町後期までは人物が登場するような絵画的な作をほとんど見かけませんが、江戸期以降、特に江戸中期以降は合戦図や風物詩、物語、故事など、人物等を画題にした情景的なデザインが多く作られてきます。

小柄の時代を極めるポイント

小柄 造込 片手巻 二枚貼合 笄直 高彫(高肉彫と裏打出) 据紋(鑞付とリベット留) 地板嵌込 地板の厚さ
飾色 ウットリ 袋着 分厚い焼付 鍍金 象嵌 哺金
材料 金無垢 赤銅 山銅 四分一 真鍮 素銅 鉄
所作 袖小柄 棒小柄 地の摩耗度 画題デザイン