HOME

笄の見方

笄の見方

体配・姿からの考察

長さと肉置に表れる時代差。

笄の時代をみる第一歩は、その長さに着目するとよいでしょう。定寸とされる7寸(約21cm)の笄は、江戸初期の寛永前後から多くなり、江戸前期以降は殆んどがこの定寸に近い長さです。では桃山以前の笄はというと、長さに制約はなかったようで、定寸より1~2cmほど長いのが特徴です。幅も長さに比例して少し広いものが多く、定寸サイズより一回り大きく感じられます。逆に幅の狭い細身の姿も稀にあり、他の特徴を参考にして判断することが必要です。幕末には懐古主義の影響なのか、少数ですが両者どちらの姿も作られており注意が必要です。

注意と言えば穂先の欠損があります。姿と構造的に欠損しやすいのでしょう。もちろん、笄櫃孔に合わせて意図的に切断する場合も考えられます。この例は意外に多く、そのため本来の長さよりも短くなるため、見栄えも含めて考慮する必要があります。
体配ではもう一つ、時代の特徴があります。江戸初期以前の古い笄は肉置が豊かで全体的にフックラしており、手にした時に長さと重量も手伝って存在感があります。新しい笄は厚み(本体部・特に胴部分)が薄手の造が多く、少し華奢な感じを受けます。(ただ、新しくとも上手の高級品はその限りではありません。)

形状から見た場合、あくまで通説ですが耳の立上り角度と首のラインに違いがあるとされています。古いものは耳の立ち上りが緩やかで、首が長めで緩い弧を描くとされ、新しいものは耳の立ち上りが急で、首が短く肩が張って角張った形状とされます。ただし、流派や上手・下手作によってまちまちですから、一応の目安としてください。他には、棹や裏面に金色絵を施した割継(わりつぎ)・削継(けずりつぎ)といった所作があれば、一部を除いて新しい作と考えてよいでしょう。これらは江戸中期以降の京金工や後藤・加賀後藤に多いようです。

地板と紋の所作

時代は造の所作に表れる。

笄の地板(紋)の造は重要で、時代を見極める大きなポイントです。これは小柄の見方と同じで、地板と小縁の合せ目を見て、明瞭な合せ目が見えたり、七子の円の粒が途中で切れていたりすれば、別に作った地板を嵌め込んだ証拠であり地板嵌込方式ということです。この手の所作は江戸初期以降に一般的になった新しい作と見ます。そうではなく本体から削り出した高肉彫であれば、ある程度古い作とされます。ある程度と言ったのは、一部の高級な上手作、そして山銅で作った作(いわゆる時代笄と呼ばれる作)の中に、江戸期以降にも作られているためです。時代笄はどれもが古いなどと一色単にみることは要注意です。

次に画題の紋ですが、古い作には紋が高いものが多く、新しい作は背が低くなる傾向があります。そしてこの紋が据紋なのか、それとも本体の肉置から削り出した高彫なのかを確認します。据紋ならば地板との隙間や際端の七子の隠れ状態で確認します。大概の据紋は鑞付によるもので江戸期以降の作ですが、例外は紋を裏からリベットで留めている作例で、手法的にかなり古いとされています。表側(紋の上から)から留めた例もありますが、前者に較べれば時代は下がります。ただ、無垢からの高肉彫とリベット留めの紋のどちらが古いかははっきりとわかっていません。
ちなみに古美濃と呼ばれる作は垂直に近い切り立った鋤出彫(すきだしぼり)が特徴とされていますが、他の所作や姿・体配・画題から総合的に判断するべきで、鋤出彫だからといって一概に古い、または古美濃とはいえません。もしこれが地板嵌込の所作が確認出来れば、室町期の古い作とは極められなくなります。

七子の確認と材料の違い

笄にも表れる擦れと材料の差。

笄も小柄ほどではありませんが擦れが出ます。この所作もまた、全然ないなどという作は信用出来ません。笄の場合、鞘から引っ張り出す時に摘む耳と、指で押し出す蕨手側の紋周辺(表の上部)と七子が擦れます。ちなみに、そこに位置する蕨手が擦れていたりしているのは、これが大きな原因でしょう。地板部の七子(波地・石目地も含む)は、紋のデザインによって擦れ加減が全く異なります。地板全体に広がった背の高い紋であれば指が届きにくい地の減りは少なく、直接指が当たる紋は擦れが目立ちます。逆に紋が低く地の露出部が広ければそれだけ紋も地も擦れ具合が大きくなります。

材質は時代を通して、高級な上手作に多い赤銅、数物などの下手作に多い山銅が殆んどで、江戸後期になると鉄製の笄も見られるようになります。赤銅地の笄は七子の処理も上手で、細かく粒の揃った丁寧な作が多い反面、山銅地の七子は粗く大きめで蒔き方も不揃いな作が多いようです。これは高級品、普及品といった類いの話で必然的なものだと思われます。ただし、山銅の中にも微細な七子が整然と蒔かれ、作位の高い彫口、そしてウットリ色絵や袋着色絵など飾色の施し方が手の込んだ思わず唸ってしまうような丁寧作もあり、価値判断の難しい例もあります。基本的に赤銅と山銅以外で作られた四分一、素銅、銀、鉄、真鍮の作は江戸期に入ってからの作であり、主に江戸中期以降の作とみるのが自然であり妥当です。

蕨手の所作と形状を確認

その金の蕨手は後世の所作かもしれません。

蕨手(わらびて)の形状によって、ある程度時代と流派を振り分けられます。古い作にみられる蕨手の形状は、立ち上りから二手に分かれはじめて開きが大きい傾向にあります。新しい作の蕨手は、途中まで延びてから上の方で分かれ、まるで勢いのある噴水のような形状をしています。流派によっても異なりますが、時代の流行なのか、新古を極める上で大きな助けになります。

気になることを一つ・・・蕨手の金象嵌ですが、後世の加工による作例が思った以上に多いということです。最初から金象嵌を施された生の例は意外に少ないのかもしれません。見極めとしては、象嵌された金が紋に使われている金と同質か、象嵌の所作が自然で丁寧か、元々蕨手を入れるように計算されたスペースと形状デザインなのか、といったことを十分に見極める必要があります。後世になって、それも現代になってかなりの数が加工されたと聞きます。あくまで噂だけの話ならよいのですが・・・。

因みに噂ならぬ通説への疑問も一つ。笄の使用目的は、髪を結ったり繕ったりするためといわれていますが、実は定かでありません。まあ形状的にみて納得したいところですが、真相は闇の中。ただ、納得出来ない説がひとつまかり通っています。それは耳と呼ばれる笄の一番上の部分で、これは耳を掻くものであると名高い先生や著名人たちが解説しているのです。ありえません・・・短すぎます(お持ちの方はよろしければ、実際に試してください。)。ましてや耳を掻いた不浄な道具を拵に装着して、上目の人に相対することなど武家社会の中では無礼千万の行為です。どちらを信じるかは皆さんにお任せしますが、耳と呼ばれるから耳掻きに使うなどと、いつから言われ出したのでしょう。

笄の時代を極めるポイント

造込 高肉彫の紋(本体からの削出) 据紋(リベット留の有無) 鑞付据紋 地板嵌込
飾色 ウットリ 袋着 鍍金 焼付 象嵌 哺金
材料 赤銅 山銅 四分一 素銅 真鍮 鉄
形状 体配 寸法 地板の摩耗度と種類(七子地・波地など) 耳と首付近の形状 蕨手の形状 画題デザイン