HOME

縁頭の見方

縁頭の見方

縁(フチ)の位置づけ

拵作りは縁から始まる。

ここでは太刀用ではなく、打刀・脇指・短刀用の縁頭(フチガシラ)を前提として紹介していきます。
皆さん、拵を作る時、まず何を作る(用意する)と思いますか? 鞘ではありません。柄でもありません。それはフチなのです。最初にフチを作り(用意)、その形状に合わせて柄前と鞘が作られるのです。つまり、フチは拵作りの基点・基準となる小道具と言えます。
よく観察するとわかりますが、上から見た楕円形の形状は 完全な左右対称ではありません。左右の弧の曲がり具合が微妙に異なるのです。もし、完全なシンメトリーであったりしたら、そのフチは実用時代ではない明治期以降の新物と考えられます。実用時代は必ずそのフチに合わせて鞘を作ります。つまり、フチの側面(腰金)の角度に影響されるのが柄の形状です。刃方の角度と棟方の角度がやはり異なっていて、その延長線上が立鼓(りゅうご)となって僅かに窄んだ形状になっているはずです。

縁頭という概念

古い縁頭には「一対」という概念はなかった。

拵の中で最も重要な部品であるはずのフチですが、熱心な愛好家は別にして意外に地味な存在として扱われているのは少し残念な気もします。特に縁頭の対(セット)ではなく、フチだけだと離縁(はなれぶち)などと軽視され、価値が著しく低く見られがちです。しかしそれは縁頭の経緯を知らない方の見方・・・もともと、フチとカシラは対で作られたものではありません。歌仙拵や謙信所持の山鳥毛の拵をみてもわかる通り、桃山〜江戸初期以前は、フチはフチ、カシラはカシラで別々に誂えられたしろものです。つまり一組のセットという概念がなかったとも言えます。その流れなのか、江戸期に入っても正式な指料はカシラは角製となっています。

では、いつ頃から縁頭という対で作られ始めたのか・・・時代を極める色絵の種類や造込の作例からは、やはり江戸前期。それが主流になったのは江戸中期以降と推測されます。やはり見せる刀の流れが縁頭にも如実に現れたともいえるでしょう。
縁頭を時代的な視点に立ってみるならば、一対の縁頭であればまず江戸中期以降の作とみるのが妥当です。では離縁はというと、他の刀装具と同じように、色絵の手法を確認したうえで、造込、地金の厚さ・種類、画題などから時代を推測していきます。そこから見えてくるのは、やはり、桃山期以前の現存作が非常に少ないという事実です。しかし、これは既に滅失しまっている可能性が高く、致し方のない事かも知れません。

造込から見た作例

希少性が高い赤銅の着(きせ)が施されたフチ。

フチの製作時代をどこで見極めるか・・・まずは飾色の手法であり、ウットリや袋着色絵であれば桃山期を下らない作とみて良いでしょう。そういった作をみると、地板(腰金と天井金)の厚みが若い作に比べて、殊に天井金が薄いことに気づくはずです。腰金の合わせ目にも注意します。合わせ目の内側に施された支金(かいがね)も薄く、合わせ目の位置が中央より僅かにズレているはずです。これが中央で合わせてある作は実用時代のものではない、あるいは数物の可能性が高いと言えます。

天井金と腰金の接合部分にも気をつけてください。接合した部分に銀色のような所作があれば、それはハンダ付の痕跡でありよくて幕末、大概は明治期以降の作でしょう。ただ、修理目的の後補の可能性もあるので注意が必要です。これら地板の薄い造込には幕末期の数物が多く、古い作と見紛うこともしばしば。他の要点を踏まえて見極めるようにしてください。

地金の素材からみれば、山銅、赤銅に始まり、四分一、真鍮、鉄など他の小道具の出現推移と同じで、江戸初期以前であればその殆んどは山銅か赤銅風です。鉄地は江戸中期頃から散見されますが、どちらかというと江戸後期の作とみるのが妥当です。
問題は赤銅のフチで、無垢の赤銅地と山銅に赤銅の薄板を貼り合わせた「着(きせ)」の二つがあります。無垢の赤銅地で桃山期以前を示す所作があれば、それはかなりの上手作であり目にすることはほぼありません。
もう一つの赤銅の着を施した作例は稀に見かけることができ、これまた希少性の高い作です。特徴としては天井金が腰金のツラより一段低くなっている作例が多いようです。着の見分け方は腰金の内側の縁際(ふちぎわ)を触ると、折り返した部分の凸を感じることができるはずです。もちろん、赤銅の薄板が剥がれた所作があれば簡単に見分けることができます。こういった作例を見かけたら、そのフチはかなり古いということであり、ぜひ愛好してほしいものです。

紋の造込

縁頭に成り済ました正体は?

縁頭の画題の見方は他の小道具と同じですが、フチはぐるっと円周形をしているので時代を反映した構図の差異はあまり感じられません。唐草や地紋は別として江戸中期以降なると、風景や風物・故事などの画題が多くなることも他の小道具と同様です。
見所は図柄の紋の造込です。一般的なものは腰金の裏から打ち出して高く盛り上げた箇所に彫を施した手法で、高彫によるこの作例が最も多く、縁頭の場合、内側が露出しているのでわかりやすいはずです。他には鑞付据紋(稀にリベット留による据紋もある)、象嵌もあります。意外に少ないのが無垢の高肉象嵌で、裏から打ち出さず紋全体を無垢で作りそれを嵌め込んだ手法。かなりの贅沢な造込であり高級品といえます。

気をつけなければいけない点を一つ・・・基本、縁頭は対のデザインをなしていますが、稀にウットリ・袋着色絵が施された縁頭が存在します。時代を考慮すれば、先に述べたように対の概念が無かった時代の作がどうして現存するのか?・・・実は、その対はフチとカシラではなく「フチ」と「鐺(コジリ)」と考えられます。江戸初期以前でも、鞘に装着する鐺・返角(かえりづの)・裏瓦(うらがわら)などはフチと同じデザインを施した一作物と呼ばれる作例が少なくありません。拵を作り直す際に、その部品である鐺をカシラとして転用したのがこの例なのです。この後補の作例は古い作例とは限らず、若い物でも「縁・鐺」の組み合わせ物が意外に多く現存しているのはあまり知られていません。見分け方は、外形のフォルムはもちろん、絵柄や腰の高さに対する鵐目(しととめ)孔の位置も参考になります。まあ、江戸時代以前は今では安価と言える部品であっても高価であり、それを流用する時代でもあり、現代のように物資が溢れているわけではありません。当然と言えば当然成り行きです。
因みにフチも同じような作例があります。小柄です・・・小柄の地板を転用してフチの形状に曲げた作例を見ることがあります。その場合、合わせ目が棟方ではなく、途中の横で合わせたものもあります。中には絵柄の配置が不自然だったり、折り返し部に亀裂が生じた作例さえもあります。

縁頭の時代を極めるポイント

縁頭 造込 赤銅の着 天井金と地板の薄さ 支金の薄さと位置 据紋 裏打出 ハンダ付の有無
飾色 ウットリ 袋着 鍍金 焼付 象嵌
材料 赤銅 山銅 素銅 四分一 鉄 真鍮
形状 天井金と腰の段差 鐺と小柄の転用 画題デザイン