HOME
tsuba symbol

十字雁金透図(無銘・伝金山)

商品番号:TB-009

鐔 江戸初期 保存刀装具 桐箱入

70,000円

八角形 鉄地 肉彫地透 丸耳 両櫃孔

縦:6.60cm 横:6.15cm

切羽台厚さ:約0.45cm 耳際厚さ:約0.60cm 重さ:58.07g

十字に雁金の透を彫った小振りでやや厚めの本鐔。造は中低で、耳を丸耳と表記していますが角耳小肉に近い形状です。鑑定書の極は伝金山。金山鐔は小振りで厚手、丸型で角耳、抽象的な図柄が特徴だそうで、本鐔は当てはまっているような無いような・・・金山と言っても“伝”が付いていますからね、あくまで「金山風」ですよと解釈すればよいのです。それでも鉄骨が耳の所々に表れており、まんざら否定するまでもないかもしれません。とはいえ鉄鐔全般に言えることですが、本当に桃山期以前のものかどうかは疑わしいところ(こんなこと言うと日刀保様と愛好家の皆様からお叱りを受けそうです)。私としては無難に江戸初期とさせていただきました・・・あしからず。

ともあれ、伝金山とされる本鐔、画題が幾何学的かつ抽象的なゆえ、その表裏はどっちなんでしょう。笄・小柄櫃孔の形状もどっちがどっちだかわかりません。一般的には責金の穿った痕跡の激しい方でしょうね・・・やはりそのようです・・・小柄櫃孔の方は実用を考えてか少し中心櫃孔側の方が喰い込んで丸味を帯びています。つまり角張った櫃孔の方が笄用のようです。

状態は裏面の右側に少し朽込が見られますが、その他はまあまあ良い状態。鉄味や風合いといったところは伝えるのが難しいので、可もなく不可もなくとだけ言っておきましょう(ズルい、逃げたなと思わないでください、イメージって難しいのです)。ただ、前にも述べたとおり、古い鉄鐔の要である鉄骨は表れていて、経眼してもらえれば納得できると思います。オークションなのにどうしろというんだ・・・ごもっともです!そこは何卒ご容赦ください。