HOME
tsuba symbol

源氏車霞楓図 卒亥親月吉日 正阿弥重光作 以鍛鉄造也 吉田武所持之

商品番号:TB-017

鐔 江戸後期 保存刀装具 桐箱付

60,000円

竪丸形 鉄地 金・素銅・赤銅布目象嵌 小透 赤銅覆輪耳 両櫃孔(片埋)

縦:7.75cm 横:7.38cm

切羽台厚さ:約0.52cm 耳際厚さ:約0.50cm 重さ:158.60g

せっかくの色絵が剥げ落ちて、ちょっと残念な鐔に思われがちな本作。いえいえ、それは大きな誤解です。本作は最初からこの状態であり、生に近い見映えです。そりゃー多少の擦れは見られますが、目立って大きく脱落した箇所はなく総体に健全です。擦れて剥げ落ちたような本作の色絵は、意図的な意匠であって画題である源氏車の情景を表現したものです。表面に描かれているのは楓と霞、裏面に源氏車。どちらも源氏物語の一幕を描いた留守模様でしょう。この霞と源氏車の擦れ落ちた風合いが作者のやりたかったことでありデザインコンセプトです。(ちょっとアートな書き方で気取ってみました、お恥ずかしい。)

色絵は金・素銅・赤銅の布目象嵌。それを所々細かな窪みを残す程度に鍛えた槌目地に施し、総体に古雅な風合い醸し出しています。地金の錆状態も程よく馴染み、やや赤みを帯びた色合いも好印象です。下部には二つの丸孔、鑑定書では小透と書かれていますが、これは鐔と拵を紐で固定するための手抜緒孔(てぬきおあな)です。本来は実用のための孔ですが、デザインとして施す場合も多いようです。地金の厚みは5ミリほどあり、ほぼ板鐔状態ですから結構な重さで160g弱もあり、掌にするとズシっとした存在感。その本体に赤銅の覆輪を施し、小柄櫃孔(埋)・笄櫃孔にも赤銅で縁を覆っています。この赤銅の所作はどうやら覆輪も含め同時に施した後補で、小柄櫃孔が埋められていることから打刀用として施したことが推測されます。

実用に考慮してこの後補を指示したのは吉田武という侍。何しろ本作には「吉田武所持之」という所持銘が刻られています。それだけではなく作者の銘、年紀、鍛の添銘まで刻られています。もちろん、それに見合った丁寧作かあるいは上手作かはまた別の評価であり、年紀付・所持銘付の在銘作だからといって名品だ傑作だのと偽るつもりはありません。案の定、作者の正阿弥重光は銘鑑洩の鐔工です。重光銘は結構あるのですが、本阿弥系だと武州の重光しか見当たらず、作域と時代が相違しています。推測で申し訳ないのですが、おそらく本作の重光は会津正阿弥系・・・であれば、加藤重光(会津鐔工の中では結構有名)本人か「山道と雲透」の画題でお馴染みの正阿弥重信の弟子筋だろうと思われます。うーん、加藤重光は銘を正阿弥とは刻らないようですし、そこまで本鐔を持ち上げるのはどうかと。消去法で正阿弥重信の一門に居たと思われる重光ということで如何でしょう。かなりアバウトな推測ですが、ご容赦いただければと思います。あくまで推測ですから、この重光をご存知の方はぜひご教示くだされば幸いです。

補足ですが、鑑定書にある「卒亥親月吉」という年紀ですが、「卒」はどうやら読み違えのようです。実際は「卒」ではなく「辛」であり、正しくは「辛亥」=嘉永四年(1851)。なので制作時代は江戸後期、幕末に差し掛かる頃。本鐔の中心櫃孔の擦れの少ない縁角、そして健全な色絵の状態とマッチします。もし、武州の重光の作であれば、制作時代は江戸中期となり本鐔の状態と整合性がとれません。絶対とは言い切れませんが、会津正阿弥系の重光とする可能性が一番高いとみています。