HOME
tsuba symbol

時雨亭透図(無銘・赤坂・江戸末期)

商品番号:TB-021

鐔 江戸末期(幕末) 保存刀装具 桐箱入

50,000円

堅丸形 鉄磨地 地透 毛彫 丸耳 両櫃孔

縦:7.14cm 横:6.87cm

切羽台厚さ:約0.52cm 耳際厚さ:約0.50cm 重さ:71.99g

この時雨亭という画題は古くから正阿弥派、赤坂派に限らず各流派で作られています。その中でも赤坂派は定番の画題と言えるほどで、分家はもとより一門の分派まで広く作られているようです。正阿弥派や町彫の作には柴垣や蔦などを交えたバリエーションもありますが、赤坂派は東屋に楓と時雨亭の額だけという至ってシンプルな構図。(福士大先生の解説を勝手に借用・・・ぬははは、許して!) 見方によっては赤坂派と極める一つの見所にもなっています。

本鐔もまさに赤坂の構成で、簡素な東屋に楓の木が上から降りて、左下に時雨亭の額を表す四角い窓を空けてあるだけです。因みに、楓の木と判るように施したのか、裏面の天辺に楓の葉を一枚だけ毛彫しています。赤坂派初代・忠正に赤坂派の時雨亭の原型となった同作があるのですが、本作に較べてやや線が細く素朴な印象が強いようです。まあ、それだけ繊細というか古風というか味わい深く見えます。本作は幕末期の作ということもあって僅かに線が太く、角もまだ取れてなくシャキッとした輪郭に映ります。そりゃー江戸前期の作に比べたら当然の見え方です。作域だって比べるのは初代に失礼かと・・・なにせ、こっちは無銘ですから。

でも、状態は負けていません(若いのですから当たり前です)。目立った傷はなく、磨地になっているせいか地金の質感もザラついた感じもボコボコもなし、とても綺麗です。んでもって、地金の色がまた褒めたくなる色合いで、これはビターチョコかと思えるほど赤みを帯びた鉄味。これ、お菓子屋の店頭に並んでいたら本当のチョコと見紛うレベルです。私はこの鉄色、好きです。甘〜い誘惑の本鐔、一枚いかがですか? 食べるのではなく愛蔵する一枚として。