HOME
tsuba symbol

雪花透図(無銘・正阿弥)

商品番号:TB-045

鐔 江戸中期 保存刀装具 桐箱入

40,000円

堅丸形 鉄槌目地 陰透 赤銅覆輪 片櫃孔

縦:7.55cm 横:7.31cm

切羽台厚さ:約0.36cm 耳際厚さ:約0.42cm 重さ:85.82g

雪花透には色々な構図があります。本作は奇抜なデザインではなく普遍的な幾何学模様を配した図柄です。雪花紋はかなり古い時代から画題としてあるようですが、本鐔も含めてその殆んどが写物です。いや、写の写と言っても良いくらいで、最初のオリジナルは何処へ・・・見てみたいものですね。

本鐔が普遍的な幾何学模様だと言っても、よく見てみると雪花の大きさや形状が少しずつ異なっていて、定規で測ったような正確さはありません。手作業による味わいが感じられ、ちょっと安心というかホッとした気分になります。確かに、機械で作ったように仕上げるのも技術の高さや精魂さに敬意を覚えますが、本鐔のように手作り感のある作もまた良いものだと思います。

状態は悪くはなく時代の割にはよく手入れをされた方でしょう。表面の小柄櫃孔の左側、小さな孔と接する箇所にほんの少し欠損が見られますが、その他に疵は見られないようです(見落としていたらご容赦ください)。造は薄手のほぼ均一な厚みで、耳には赤銅の覆輪が施されています。

鑑定書の極は正阿弥。時代は書かれていませんが、錆状態と風合いからは江戸中期頃かと推測しています。しかし正阿弥と極められた見所はどこなんでしょう。見た目には甲冑師や刀匠、京透、赤坂、尾張・・・う〜ん、どこへもいけない・・・えーい、ならば正阿弥だー! って、結果的にそうなったと思いたくはありませんが。正直、正阿弥さんがかわいそうです。どこへも極められないあやふやな作は正阿弥さんになってしまう・・・確かに正阿弥系は全国各地に散らばっていますから如何仕方ないのかもしれません。