HOME
tsuba symbol

輪違透図(無銘・尾張・江戸時代)

商品番号:TB-046

鐔 江戸中期 保存刀装具 桐箱入

75,000円

木瓜形 鉄地 地透 丸耳 両櫃孔

縦:8.40cm 横:8.36cm

切羽台厚さ:約0.43cm 耳際厚さ:約0.47cm 重さ:75.13g

かなり状態の良い透鐔。目立った疵もなく錆色の風合いも良く、丁寧に扱われてきたようです。表面の笄櫃孔の右端、弧の箇所が二段になった欠損のような跡がありますが、これはおそらく櫃孔を形成している際に、誤って生じた所作だと思われます。単純な欠損なら、このように段状にはならないと思います。そう思うと、生まれながらの傷を持った本鐔が愛おしくさえ思います(私の偏愛だと思ってください)。

デザインは輪違透。四つの楕円形を四方に組み合わせただけ、極めてシンプルです。へたに雁金や抱茗荷を入れなかったのは大いに正解です(どのみち骨太の造なので入れても似合わないですよね)。代わりに輪の中心に丸形の突起を配しています。これは一体何なのか? 単に間が持たなかったので置いたのか?・・・おや、輪とこの突起を一つとしてみれば、花びらに見えるような・・・これは輪違ならぬ花弁違?・・・画題の命名は厳格な物ではありませんから、結構思いつきや的外れな例もままあります。すでに鑑定書に書かれてしまっているので、修正は困難ですが、画題に惑わされず絵柄を妄想するのも楽しいかと思います(かなり適当で軽い戯言です)。

造はほぼ平坦ですが、わずかに中低のようです。大きさも大振な方で透の空間が大きいため、見た目以上に大きく映るかもしれません。好感が持てるのは透の彫角(エッジ)で、ちゃんと面取りをしたのか、それとも時代の経年によるものなのか、丸味があって角が立っていない所作です。なので外形のフォルムも影響していますが、総体に丸味があって柔らかな印象を得ているようです。どこか優しさを感じられる風合いをしている鐔です。

極は尾張、鑑定書には例によって江戸時代としか書かれていません。なので勝手な解釈で江戸中期としています。単に江戸初期以前の古鐔の造・風合いではないし、かといって幕末の角の立った造込・錆状態でもありませんので、消去法で江戸中期。極は金山鐔の特徴を引き継いだ尾張の透鐔に当てはまるのでしょう。やや黒みを帯びた地金もそうかもしれません(なにせ日刀保様は絶対ですし、反論する材料もありません)。