HOME
tsuba symbol

真向月透図 無銘 越前赤尾

商品番号:TB-058

鐔 江戸中期 保存刀装具 桐箱入

60,000円

丸形 鉄地 地透 角耳小肉 両櫃孔

縦:7.95cm 横:7.85cm

切羽台厚さ:約0.52cm 耳際厚さ:約0.54cm 重さ:143.40g

中央上寄りにぽっかりと空いた透、奇抜ながらもシンプルなデザインです。これ以上もこれ以下もないといった透の画題は真向月。文字通り月を真正面から見たデザインなわけです。デザインといっても真向月の正体は家紋です。家紋ですから注文主がいたことは想像できますが、〇〇家伝来だの御用達だのと嘯くことはいたしません。本鐔の極は越前赤尾となっていますから、鑑定書を信じれば越前の或る侍の注文品とするのが目一杯の宣伝文句に過ぎません。

しかしまあ、上手く嵌ったものです。切羽台は下部の狭い領域で繋がっているだけ。他の空間はがらんどう状態です。小柄・笄櫃孔もわざわざ空ける必要もなく合理的です。でも怠けたわけではなく、ちゃんと小柄と笄の出し入れを考慮して切羽台に当たる部分を削ぎ取って形を整えています(注文品ですから当たり前の所作ですが)。気になるのは重量のバランスで、見た目にも下部に偏っているのは明白です。使い勝手は良いのか悪いのかは所持者が評することですが、腰に指した状態では重い方が下になりますから却って安定して問題ないように思えます。居合をなさっている方から見ればどうなんでしょう? うーん、辛辣な言葉を想像してしまいますが・・・加えてやや厚目のな肉厚、透があるとはいえ結構な重量があり思った以上にずっしりと重さを感じます。

造は鉄槌目地で平地も至って平坦でよく鍛えられています。精鍛な風合いではなく柔らかみのあるしっとりとした質感。これ以外何も見所はないと耳を確認すれば、おやおや、何やら細かな筋目が・・・おう、これは布目象嵌の鑢痕! ぽつりと小さな金の残片も発見。どうやら元来は耳が全周にわたり金の布目象嵌で覆われていたようです。そうです、本鐔のモチーフは月ですから、その月明かりを耳の側面に見立てたのかもしれません。生の頃はかなり目立つ鐔だったのですね。それが今は跡形もなく取れてしまった状態ですが、私はこの方が好印象。現状の方がシンプルで存在感があって尚且つ渋い!!と思うのは私だけかな・・・

制作時代は鐔全体の程よい擦れ状態、布目象嵌の鑢痕の残存状態からすれば江戸中期としたいところです。しかし正直言って自信がありません。江戸後期にかかる可能性も否定できませんが、逆に江戸前期までは上がらないとみています。極は越前赤尾となっていますが、これも的を得ているのか私には及びもつきません。何せ画題が家紋ですからねー・・・日本全国どこの鐔工でも作っていそうといったら、それまでですが。ただ、日刀保さまはそれなりの根拠があると思うしかないようです。