HOME
tsuba symbol

団扇透図(無銘・正阿弥)

商品番号:TB-059

鐔 江戸後期 保存刀装具 桐箱入

43,000円

丸形 鉄地 地透 鋤出毛彫 角耳小肉 両櫃孔

縦:8.05cm 横:8.06cm

切羽台厚さ:約0.55cm 耳際厚さ:約0.44cm 重さ:113.23g

これを軍配図と勘違いしてしまいました。この図柄は団扇で、結構古くからある画題のようですが、類例が少ないのも確かであまり見かけることもありません。だからといって希少性が高いわけでもなく、ましてや高級な上手作でもないので一種独特のデザインながら持ち上げ方に苦慮する始末です。

絵柄のフォルムに関してはちょっとユニークな形状をしています。しかしそれ以外、彫口、作行といった肝心の所作については褒めるどころか、逆にその粗雑な造込に口をつぐむ私がいます。正直、下手くそです。なんつったって鋤出彫の所作がいい加減で雑です。丁寧さはどこへやら、削ればいいんだろと言わんばかりに形状をアバウトになぞっただけの彫口・・・彫残しもそこいら中にあり、特に裏側の小柄・笄櫃孔の処理には口をアングリです。もうちょっとちゃんとやろうよと、鐔工でもない私が思うのですから・・・ま、見ての通りです。透の側面処理はまあまあですが、それでも上手いには程遠い有様。紐の部分もそう、団扇の骨筋も描いたようですが、こちらも適当に細かな刻を入れただけでしょうもない所作。

ここまでボロクソに言うのも本鐔の名誉に関わるので、ちょっとフォローしますか・・・欠点は長所でもあるという都合の良い解釈で述べるなら、本鐔には“味”があります。素朴さもあります。手作り感なんかMAXです。数物には数物の良さがあるのです、ぬはははは。少し見直していただけましたか?

造は切羽台が耳より少し厚め。透になっているので判りづらいかもしれませんが、碁石形の形状に鋤出彫を施した造込です。そのおかげで団扇の和紙の貼ってある面がふっくらと柔らかく映ります。悪く言えばボデっとした印象になり団扇らしく見えません。私が軍配と見間違えたのはこの所作のせいでしょうね。状態は所々錆による朽込があったようですが、よく手入れがされて、今では古風でいい塩梅の錆状態と風合いを醸し出しています(物は言い様)。制作時代は江戸中期としたいところですが、透のエッジはそれほど擦れているわけではなく、ここはやはり江戸後期とするのが妥当かと推測しています。当然、碁石形ですから江戸初期なんて選択肢はもちろんありません。・・・と、こんな鐔ですが、極は正阿弥の鑑定書がちゃんとついています。・・・散々なことを書いておきながら、最後は嫁ぎ先の愛好家に向けてアピールする私、下衆な評価をお許しください。