HOME
tsuba symbol

左右牡丹透図 長州萩住 金子十郎兵衛 幸仲作

商品番号:TB-062

鐔 江戸中期 特別保存刀装具 桐箱入

150,000円

丸形 鉄地 地透 象嵌 角耳 両櫃孔

縦:8.29cm 横:8.29cm

切羽台厚さ:約0.40cm 耳際厚さ:約0.38cm 紋部厚さ(最大):約0.40 cm 重さ:80.09g

精鍛な鉄味をした長州鐔の紹介です。まるで京透のような繊細な輪郭で、横から見た大輪の牡丹花を左右に地透で彫り上げています。その花を上下に挟み込むように葉っぱを配し、左右シンメトリー的な構図は一つの完成形を見せて極めて上品な印象を醸し出しているようです。葉の葉脈にだけ金の布目象嵌を施しているようで、耳の側面にも回り込んでいます。錆色も良く、僅かに錆の浮いた箇所もありますが総体に良い質感で、よく鍛えられた上手作ならではの鉄味は写しを重ねた数物とは一線を画します。

良いものはやっぱり違うな、というのが私的な印象で、この状態が江戸中期の作と思えば尚更頷きます。・・・随分と大切に愛蔵されてきたということであり、それだけの価値を持主たちは心得ていた証だと思います(う〜ん、ちょっと褒めすぎかな)。本鐔の魅力はなんと言っても牡丹花の透でしょう。リアリティのある線画のようなラインは女性的かつシャープ、そして透明感があり、精査するまでもなく技量の高さが窺い知れる印象を与えています。長州鐔にはこんな作域もあるのだなと改めて長州鐔の質の高さを痛感しています。

俗銘入りの入念作である本鐔の作者は、江戸中期の鐔工・金子十郎兵衛幸仲。金工事典には「長州の金子家の良工で、鉄地丸形に肉彫地透工法で草花図を彫る。」とあり、俗銘の表記も画題そして工法も本鐔を指しているかのように紹介されています。俗銘入りだからどうのこうのとはあまり言いたくはありませんが、銘がなくとも十分評価される品質と出来であると思いますが、趣向の評価は人それぞれ・・・この淡麗な姿の鐔に惚れる方は果たしているのか心配になる次第です(アホな親心を覗かせてしまいました・・・ご容赦)。