HOME
tsuba symbol

松葉透図(無銘)

商品番号:TB-066

鐔 江戸後期〜明治期 桐箱入

35,000円

丸形 鉄槌目地 地透 角耳小肉

縦:8.80cm 横:8.74cm

切羽台厚さ:約0.30cm 耳際厚さ:約0.30cm 重さ:67.74g

いやースッキリとしたデザインです。円形に切羽台を兼ねた縦の長方形、その両脇に松葉を一つずつ透にした極めてシンプルで透明感のあるレイアウトです。この構図は全体として家紋をデフォルメした画題なのかもしれません。松葉は目立つ方を折れを入れ、デザインにも気を使った洒落た所作、それも細身の直線と三角形だけの構成でリアリティよりも無機質でシャープな印象を強く打ち出しているようです。それを効果的に見せようとしているのか、地金はかなり薄めの造込で厚みは約3ミリあるかどうか。

鍛は槌目地ですが、かなり整えてあり至って平坦で上手です。透の側面も叢がなく丁寧さが感じられます。悪くありませんね・・・問題は時代極で、一見するとかなり若い作にも思えます。う〜ん、これは難しい! 擦れや疵があまりないのは良いことですが、果たしてこの鐔は江戸期の作だろうか? という疑問が拭えません。しかし、切羽台の責金の痕跡は、それなりに小慣れた風合いの痕跡。耳も多少の擦れ痕が認められるのです。大きさは幕末期によく見られるようにかなり大型の造。私は幕末期としたい所ですが、こればかりは自信がなく明治期に入ってから作られた可能性は十分にあります。ま、このことを踏まえた上でご考慮願えれば幸いです。

作風はどこへでも極められそうでそうではなく、これまた難しいことこの上ありません。刀匠鐔が一番近い作風・作域でしょうか。京あたりの金工の雰囲気もあります。町彫もありますが流派までは極めきれないと思われます。皆さんも自分なりの解釈で楽しんでください。これだけ曖昧で極めきれないと、いざ審査に出しても保留になる可能性が高いと推測します。おそらく、「時代に研究の余地あり」という文言が帰ってくるのが想像できます。でも、出してみなきゃーわかりませんよね。私個人としては幕末期の刀匠鐔を期待しますが、果たして・・・。