HOME
tsuba symbol

桃透図(無銘・古赤坂)

商品番号:TB-067

鐔 江戸初期 特別保存刀装具 桐箱入

500,000円

竪丸系 鉄槌目地 地透 毛彫 丸耳 両櫃孔(片赤銅埋)

縦:7.83cm 横:7.70cm

切羽台厚さ:約0.70cm 耳際厚さ:約0.62cm 重さ:109.58g

大きな桃が一個、鐔の中央にど〜んと地透で配された構図は中々の迫力です。特徴的なのは桃の右側に陰透と思われる空きを入れた点で、これは桃の少し凹んだ筋を表した表現なのか、それとも光の陰影を表したのかはわかりませんが、デザイン的見所の一つとなっています。そして葉っぱを一枚、桃と一体化して下部に彫られています。ほかには、五ヶ所に設けられた耳との繋ぎですが、三つの弧が内側にパターン化された耳、そして涙型の透は、どうやら枝葉をデフォルメしたデザイン的要素を強く受けます。少し意味がわからないのが下部左寄りに一つだけ置かれた雁金で、この構図とデザインになぜ雁金を加えたのか・・・作者の遊び心なのか、あるいは当時の流行なのか・・・。真相はともかく、かなり独創的なデザインは写物ではなく本歌(最初の一枚)を強く感じさせる極めて印象的な一枚といえるかもしれません。

造自体はかなり厚めで切羽台付近で約7ミリもあります。中心櫃孔と透の側面には、鍛痕と思われる割筋が確認できます。この鍛痕一筋は、冷静に考えれば地鉄の合せ面。そうだとすれば二層の鍛であり、古赤坂の特徴である三層構造とは異なることになります。ただ、古赤坂は三層構造だとする定義は、大先生方の一方的な考察・推論であり方便と捉えた方が無難です。三層構造自体は質の悪い地鉄を上質の地鉄で覆った構造であり、銅の三枚合鐔と同じ造込です(鉄鐔は鍛着、銅鐔は鑞付)。上質の地鉄に質の悪い地鉄を乗せて鍛着し、それを折り返して鍛錬することだって考えられます(この場合、実際には四層構造)。いずれにせよコストを削減する手法で、これは古い鐔に限らず幕末までの一般的かつ普遍的な造込です。

体配は切羽台が耳より少し厚く、江戸初期の体配には珍しくやや丸味を帯び造込で、桃がふっくらとした印象を受けます。耳は時代による擦れがいたるところに見られ、それに合わせるかのように鉄骨が現れています。その現れ方も不揃いな歪みだらけで、鍛錬による痕跡に沿って現れているかのようで、ある意味、無作位というかごく自然な所作に好感を覚えます。他に変変わった所といえば中心櫃孔の責金ですが、この責金は素銅ではなくおそらく山銅。へたをすれば生に近い造込かもしれません。

どうです、時代は確かに江戸前期はある古赤坂と極らた一枚。独創性に満ちたデザインと構図、そして古風な印象の造込と鉄骨・・・魅力的です。蛇足ですが、この鐔を約20年前に特保の審査に出した方は、銀座にある某有名刀剣店の一人。あ、いえ、そのことを売り込みの宣伝に使おうなんて下心は微塵もありません。あくまで蛇足です(あははは・・・)。