HOME
tsuba symbol

車透図(無銘)

商品番号:TB-087

鐔 江戸後期 桐箱付

10,000円

丸形 鉄槌目地 地透 角耳小肉 片櫃孔

縦:7.33cm 横:7.22cm

切羽台厚さ:約0.40cm 耳際厚さ:約0.30cm 重さ:91.05g

かなり大雑把な車透の鐔。繊細さは微塵もありません。良くいえば甲胄師風の素朴でシンプルな一枚・・・などと言って持ち上げても作行なり品質は上がりません。と、最初から否定的に捉えるのは本意ではありません。詳細に見れば本鐔の見所だって見えてきます。まず錆具合が良いです。目立った朽込もなく色合いも上々です。僅かに叢がありますが槌目地の鍛も上手だと思います。ただし、表側から見て真横の側面(耳)が少しだけ叩いて押し広がったような箇所があります。これは形状を整える際に調整した痕跡と考えられ、鐔工の手作業を直に感じられる所作であり、私としては微笑ましく好印象です。あとは車透という以外、飾りっ気はありません。

造は薄めで平ったく見えますが切羽台から耳にかけて僅かに薄くなる碁石形です。この造込は一般的に江戸中期以降に見られる形状であり、状態からして江戸後期の作とみるのが無難ですが、透の縁がそれなりに擦れているというか取れている感じで、江戸中期の作としても違和感はありません。

だた唯一の問題は小柄櫃孔の存在です。この櫃孔、一見すれば後から切り取った孔に見えます。わざわざ切り残った角にデザインらしき角状の切り込みも入れています。中心側は小柄の出し入れを考慮して直線というより少し食い込んだ形状にしています。果たして後補の所作なのか、それとも最初からの造込なのか? もし最初からの造込としたら、かなり無頓着な発想ともいえ、普通は小柄櫃孔の形状に平地を残すと思うのですが・・・でも敢えてこのデザインに最初からしたとも言えるし・・・ええーい、妄想するのめんどくさ!・・・この所作は打刀用だったけど、脇指に装着しようとしたら小柄櫃孔が無かったので、安易に孔を開けたということにしましょうか。だって、一個所だけ車輪の支柱を切り取れば完成ですもの。それではあまりに無碍なので、角にちょびっと切り込みを入れて櫃孔らしくしてみた。こんなんで如何でしょう(かなりいい加減な締め)?