HOME
tsuba symbol

海鼠透枝菊図(無銘・古金工)

商品番号:TB-091

鐔 桃山期 保存刀装具 桐箱付

90,000円

竪丸系 赤銅七子地 鋤出高彫 左右海鼠透 色絵 象嵌色絵 鋤残耳 片櫃孔

縦:7.32cm 横:6.86cm

切羽台厚さ:約0.32cm 耳際厚さ:約0.39cm 紋部厚さ(最大):約0.48 cm 重さ:89.00g

海鼠透に枝菊をあしらった古金工作と極められた本鐔。海鼠透に枝菊?・・・妙な組み合わせの画題ですが、透の形状を示しているだけで、宮本武蔵とは何ら関係ありません。左右の海鼠透の中央に菊花を一輪づつ配した構図ですが、ここで本鐔の疑問を一つ・・・片側だけに空けられた櫃孔は、笄用それとも小柄用? 形状からして小柄用に見えます。しかし枝菊の賑やかさからは笄用になり、中心櫃孔の責め具合からは小柄用に軍配・・・作られた当初はおそらく笄用だったと推測されます。そして後世は逆向けに装着し小柄用として使われたと思われます。賑やかな表側を敢えて裏側として使った理由は、海鼠透に配した菊花の存在です。本来の装着した姿で小柄櫃孔を設けようとすると、この菊花を削除するしかなくなります。さすがにそれはしなかったようで、代わりに逆向きに装着したと考えられます。(まあ、使い方はこの鐔の評価には影響しないので、この推測は蛇足と捉えてください。)

本鐔の彫は鋤出高彫、と鑑定書には書かれていますが、この紋は鑞付の据紋です。露象嵌以外の枝菊の紋全てがです。いつも思うことですが、鋤出高彫と聞けば無垢の肉置からの彫をイメージしますが、鑞付による据紋もこの範疇に入るのでしょうか? お上にタテつく訳ではありませんが、詳細に精査していなような気がします。でなければ、鑞付据紋もそれに含まれると解釈せざるを得なくなります。こうした造込は時代極に大きく影響するので、私個人としては甚だ困惑するのです。飾色も色絵としか表記がなく、鍍金なのか焼付なのかも区分けして欲しいものです。こちらはもっと重要で時代極の要の所作ですから・・・ちなみに本鐔は金鍍金です。

作行は赤銅鐔で海鼠透という姿が少しひっかりますが、古金工と極めるしかない造込。赤銅地(色合いは山銅に見えます)に円状の七子地を蒔いていますが、細かい割りにアバウトな蒔き方で、良くいえば味わいのある素朴感があります。その地金に菊枝を鑞付の据紋、時代はおそらく造込技術の転換期とも言える桃山期とするのが妥当だと推測しています。色絵も鍍金ですから時代の整合性は取れます。これが焼付の色絵であれば、江戸前期の作とみることになります。古金工という古い極は良しとして、表裏そして櫃孔、加えて混乱を招く鑑定書の表記・・・良く整理しないと誤解を招く本鐔です。・・・(本鐔の作者に対して、非礼があればここにお詫びいたします。)