HOME
kozuka symbol

藻に鯰と鯉図(無銘)

商品番号:KZ-008

小柄 桃山期 桐箱入

40,000円

山銅波彫地(本体は赤銅地) 高彫 金袋着 赤銅色絵

長さ:9.60cm 幅:1.25cm 高さ(紋部最大):0.52cm 重さ(小刀穂含む):40.60g

いや〜参りました。小柄を見るとき、その構造や色絵の所作から時代を推定するのですが、本小柄ときたら構造の痕跡がまるっきり掴めません。しょうがないので、構造のかすかな手掛かりと色絵の手法などから推測していこうと思います。なのでかなり確証の脆弱な紹介になってしまうことをご了解ください。

まずは手掛かりの薄い構造と造込から・・・地板は嵌込方式です。小縁との境目にその痕跡が見てとれます。じゃー本体はというと、二枚貼合なのか片手巻なのかどこを精査しても合わせ目を見つけられず断念。まさか型から作った一体型なんて聞いたこともないし見たこともありません。合わせ目はどこかにあるはずで、私の経験から言うと棟方の下部が一番怪しいはずです。本体下部の板厚がかなり薄いことを考えれば本作は片手巻の可能性が・・・で、ここで一つの壁が・・・地板に彫られた紋ですが、向きは笄だったことを示しています。地板嵌込ですから笄直の可能性が高いのですが、本作は波彫地に加え色絵の施された藻が画角一杯に彫られています。笄の地板の面積はここまで広くはないはずです。おまけにその紋自体も高肉彫なのか裏打出の高彫なのか判りません。困った・・・紋の飾色を精査すると、何と藻は金の袋着。しかし鯰と鯉は赤銅の色絵。う〜ん、ますます混乱する私。

それでも少しは判明したようです。あくまで推測ですが、本作は最初から小柄として作られた桃山期の片手巻小柄で、現存数の極めて少ない希少な作例です。そして小柄の小柄直の可能性が高いと思われます・・・地板と本体が山銅と赤銅で異なっており、本体が後補であればその違いは解消されます。紋の向きはあえて逆にした、または向きなど意識していなかったと思われ、こうした例が全くないわけではなく散見されています(ちょっと根拠が弱いかなぁ〜)。でもこう考えないと辻褄が合わないし、支離滅裂な作例になってしまいます。さーてどこまで合っているのか? 残された方法は一つ、分解あるのみ・・・さすがにそれは出来ません。謎は解明できるかもしれませんが、貴重な小柄がこの世から消えることになり、私も経済的損失を被ることになりますので、この案は即却下です。

紋の彫口は決して上手くはなくやや粗い鑚遣いですが、波地の彫は動きがあり丁寧に彫上げているようです。制作時代は桃山期、本体は江戸期以降と推測されます。肝心の極は古金工以外いけないでしょう。因みに、本小柄の正体を難しくした要因に小刀穂の存在があります。この小刀穂、抜けないのです。抜けていたなら本体内部の様子も少しは判明して、もっと突っ込んだ推測ができたはずです。しかし、それはそれ、無理なことはせずに妄想を楽しみましょう。あ、状態ですが、疵は裏面の中央やや右寄りに、小さいながらわずかに凹んだ所が一個所、その近辺を中心に打疵のようなごく小さな筋が散見されます。