HOME
kozuka symbol

花車図(無銘)

商品番号:KZ-016

小柄 江戸前期 桐箱入

20,000円

赤銅七子地 高彫(鑞付据紋) 金銀色絵

長さ:9.60cm 幅:1.41cm 高さ(紋部最大):0.61cm 重さ:26.30g

この絵柄、見た目は花車図です。縁起がよく満ち足りた様子を表すそうです。花の種類は桜でしょうか? 一方、これとは違った画題としてみることもできます。この花は夕顔であって、御所車を覆っていることから源氏夕顔図の留守模様かもしれません。ただ、厳密には御所車にあるはずの人が乗る屋形がない牛車ですから、花車図という画題が有力かと・・・花車図であれば幸福の意味であり、源氏夕顔図であれば少し物悲しい情緒の意味合いになり、真逆の構図・・・私には白黒の判断がつかないので皆さんお好きな方の解釈をしてください。

本小柄の造は少し珍しい経緯を踏んでいます。形状は袖小柄、であれば最初に疑うべきは笄直の肯否・・・絵柄の向きは笄です。構造は地板嵌込で紋は鑞付据紋(七子の半欠け状態から確認できます)、地板の裏側(空洞内)を探れば凸凹なしの平面状。もうどう見ても笄を削って嵌め込んだ所作、紛れもなく笄直です。後は制作時代ということになりますが、一般的に笄直は、地板と紋の元となる笄が桃山期以前、本体は江戸期以降に作られています。本作の紋を確認すると、鑞付据紋で金銀の焼付色絵。ウットリや袋着の色絵ではありません。紋の腰も低いです。とすれば、この地板と紋は江戸初期以降に作られた笄と考えるのが自然です。

江戸期の笄を使った笄直。類例を何度か経眼していますが、ありそうで少ない希少作です。紋の状態は時代相応の擦れはあるものの色絵がよく残っています。彫口も細かな花を丁寧に掘り上げていて上手です。七子地もそれに見合った状態。ただ、裏面には、中央右寄りに打込と思われる凹みがあります。小口付近にも小さな打込跡。小刀穂を固定するために意図的に凹ませた跡です。昔の実用品ですから使用する侍を非難するわけにはいきませんが、ちょっと残念な所作です。

この手の痕跡はよく見られる所作で、どちらかと言えば数物に多いのが分かります。そりゃそうですよね、高級な上手作を敢えて凹まそうとはしないはずです。だからといって、本作が下手作と見るのは早計です。わざわざ笄直に仕立て直しているのですから、当時としてはそれなりの上作であったと言えなくもありません。あとは、裏面が総体に斑模様のザラづいた感じで、これは保存状態からきたものかはわかりませんがご考慮ください。