HOME
kozuka symbol

笹蟹図(無銘・古金工)

商品番号:KZ-017

小柄 江戸最初期 保存刀装具 桐箱入

100,000円

赤銅七子地 高彫

長さ:9.65cm 幅:1.36cm 高さ(紋部最大):0.53cm 重さ:27.60g

漆黒の色合いをした無赤銅の小柄。やや細身の造は二枚貼合。上板と底板だけの構造で、紋は上板に直に彫り上げて地板と一体化しています。紋は地板の裏からの打出。この手の造は桃山から江戸最初期に見られる類例の少ない造込。結構貴重です。鑑定書の極は古金工・・・後藤家ではありえない絵柄の構図であり、古さからして古金工にいくしかないと思います。

しかし独創的な絵柄の展開です。笹蟹はよく見ますし珍しい画題ではありませんが、本小柄のように画角一杯を使って、なおかつ一様に笹と蟹で埋め尽くした作は初見のデザインです。いや〜楽しい図柄です。蟹さんが三匹左右と真ん中に置かれていますが、それぞれ微妙に向きに変化を加えています。やりますねー。そして下側には波を彫り、枝分かれした小ぶりな笹で周りの空間を埋め尽くすかのように描いています。まるで蟹の遊ぶパラダイスのような雰囲気、賑やかこの上ないユニークな絵本のような印象で、なんとも愛らしい可愛さがあります(お子ちゃまじゃあるまいし、幼稚な表現をお許しください)。本作は色絵のない無赤銅です。これがもし、蟹だけでも金色があったなら、賑やかを通り越してうざったい見え方になっていたと想像できます。蟹が主役ではなくこの光景全体を見せたかったのだと思いたいのですが・・・

各図柄が細かいので彫は苦労したでしょう。紋の腰の高さが平坦なので彫口に高低差はありませんが、毛彫で上手に陰影をつけています。七子粒の処理が一番大変だったかもしれません。なんせ、細かな隙間だらけですから、七子粒の配列を調整しながら蒔くのですから想像するだけでも嫌になります。

状態は江戸最初期の作ながらかなり健全です。七子地の擦れはあまりなく、この紋の配置が七子粒を擦れから守ったようです。紋自体の擦れもさほど感じられません。小口の下部に僅かな打疵が一つありますが、それ以外は鑑賞に問題はありません。