HOME
kozuka symbol

菊花双蝶図(無銘・京金工)

商品番号:KZ-024

小柄 江戸中期 保存刀装具 桐箱入

40,000円

赤銅七子地 高彫 金銀色絵

長さ:9.73cm 幅:1.42cm 高さ(紋部最大):0.56cm 重さ:24.70g

疵の確認から見ていきます。表面の小口(左側)すぐ側に縦状の引っ掻き疵が一筋、その小口の両側面には約1〜2ミリの割れが確認できます。裏面の右寄りにほんの僅かなへこみ状がありますが、気にならない程度です。その他は概ね時代相応の良い状態です。もちろん、小口寄りの七子地は擦れによる摩耗で一部テカっている所がありますが、使用痕と捉えて許してやってください。

画題は菊と蝶。二匹の蝶が菊に引き寄せられるような構図で、長閑な光景を描いています。構図のバランスは取れていますが、額内全体を使った光景とみれば、やや寂しさというか物足りなさを感じるかもしれません。ただ、決して華やかさではなく、簡素で温かみのある長閑さは十分感じられます。

本体の造は二枚貼合構造で表板裏打出による高彫だと思われます。最初は地板嵌込の鑞付据紋かと推測したのですが、七子粒と内部の状態からはそうではないようです。飾色は金と銀の色絵。注目は金の色絵の擦れた箇所で、銀鑞による焼付色絵の所作が確認できます。金を焼付けるための触媒である銀鑞の色が擦れた箇所に現れています(画像では不明瞭かもしれません)。江戸期以降の一般的な色絵(焼付色絵)の手法を学ぶ意味では本作は良い見本かもしれません。

あ、蝶の前方に延びる薄い銀色の線は触覚なのですが、銀色絵の叢のせいで不自然な印象を与えています。ちょっと残念な所作・・・もう少し丁寧さかデザインでの配慮が欲しかったなと・・・作った金工には失礼かもしれませんが、皆さんの厳しい視覚評価を考慮すれば、この点に触れないということは、皆さんに対する隠蔽となってしまいます。・・・ちょっと正直さを誇張してみました。