HOME
kozuka symbol

不動明王図(無銘)

商品番号:KZ-025

小柄 江戸後期 桐箱入

20,000円

鉄磨地 高彫 金布目象嵌 銀色絵

長さ:9.71cm 幅:1.45cm 高さ(紋部最大):0.60cm 重さ:28.61g

古びた鉄の風合いに不動明王が鎮座する様・・・似合います。岩窟の中にある祠に祀られている光景を目にしたような錯覚を覚えます。仏界の一端を感じる異色な作・・・赤銅や山銅ではなく鉄という地金がそう見せてくれるのかもしれません。画角の中央にポツリとあるだけなのですが、暗闇の空間に象徴的に浮かび上がるが如く印象的です。

姿は片丸形になった棒小柄、鉄地の磨地ですが錆具合が絶妙でマットな鈍い地肌を見せています。そこへ不動明王の高彫。やや擦れが進んだ風合いが幻想的な光景を醸し出しています。ずいぶんと薄くなりましたが、不動明王自体は銀色絵、後ろの炎の光背には金の布目象嵌が施されています。右手には剣、左手にはおそらく羂索(けんじゃく)を持っています。因みに羂索とは煩悩を縛り悪の心を改心させる捕縛用の縄とのことです。

造は刃方側で折り返し、棟方側に台座を挟んで鑞付しているようで、銅を地金とする小柄には見られない特殊な構造をしています。私は初見ですが、鉄地の小柄では一般的な構造なのでしょうか?(知っている方がおられればご教示くだされば幸いです)

状態は小口周辺に打疵や微かな凹みが見られますが、それ以外は目立った疵や変形はありません。鑑賞にはさほど影響はないと思われますが、気になる方はご考慮ください。

制作時代は江戸後期、古そうに見えますが鉄地ですから江戸中期まで上げてみるにはちょっと無理があります。流派の極も鉄地の小柄の類例が少なすぎて、私にはお手上げです。ま、判らない方が雰囲気を壊さず謎めいて良いのかもしれません。