HOME
kozuka symbol

箒図(無銘)

商品番号:KZ-027

小柄 江戸後期 桐箱入

50,000円

赤銅七子地 高彫(鑞付据紋) 金素銅色絵

長さ:9.79cm 幅:1.41cm 高さ(紋部最大):0.54cm 重さ:26.21g

茶道具の羽箒はよくみられる画題ですが、掃除に使う箒そのものを画題としたものは私にとっては初見です。箒が額内にドーンと一本だけ配しただけの構図、ストレートですね。樋定規や鞭などの画題の小柄にこの手の構図はままありますが、本作は箒ですからね〜・・・大胆です。あ、この構図からすると、本作は縦にしてみるのが正解かも。幕末に流行った縦小柄という類でしょうか(なので画像も縦に沿って掲載しています)。

最初はこの箒自体が現代の箒と代わり映えしないので、明治以降の新物かと疑ったのですが、この箒の形状・スタイルは既に江戸時代に使われていたようです(ちょっと調べてみました)。棕梠箒(しゅろほうき)と言うそうです。棕梠は椰子の木の仲間で暖かい地方の産物、箒以外にも色々使われていたようです。しかし、何で武士の使う道具に箒なんでしょう?・・・勝手な妄想ですが、掃く=清い・潔い・潔白・完遂(?)といった意味合いが込められているのではないかと。

状態は目立った疵や擦れはなく至って健全です。なんせ幕末の若い小柄です。加えて本作は画題のイメージとは裏腹に結構な上手作。厚めのしっかりとした地板に丁寧に整然と蒔かれた七子地。彫口も見事で竹や穂先の彫も繊細に彫り上げています。特に柄竹の所々にある黒っぽい凹は、リアリティを出すために敢えて施した所作。表現が細かいですねー・・・それから穂先部分は素銅の色絵かと思ったのですが、どうやら素銅自体を象嵌してあるようです。

造は二枚貼合構造で地板嵌込方式、紋は鑞付据紋です。裏板が少し赤味が強いので、本体そのものは山銅の可能性があり、その本体に赤銅の地板を嵌込んだ造でしょう。その所作からは最上級品ではないとしても、かなりの上手作には違いないと推測しています。箒というイメージに囚われすぎていたせいか質を見る目が曇っていたようです、ちょっと見直しました。極は全く絞れません。作域からは町彫の可能性が高いと思いますが、果たしてどの一派なのか・・・京金工なのか、江戸の金工なのか、幕末とすれば、素銅を大胆に使っている点からは水戸が一番近い気がします。どなたか私にご教授を・・・