HOME
kozuka symbol

波千鳥図(無銘・庄内)

商品番号:KZ-031

小柄 江戸後期 保存刀装具 桐箱入

35,000円

真鍮磨地 毛彫 象嵌色絵

長さ:9.65cm 幅:1.40cm 高さ(紋部最大):0.55cm 重さ:29.48g

安親に赤文そして一琴と、名だたる金工を輩出した庄内。その庄内の金工作と極められた本小柄。だからといって、それに乗じて無闇に褒め称えたりはしません。庄内金工は素銅の作というイメージが強いのですが、本小柄は真鍮です。まあ、水戸系もそうですが、家彫とは異なり町彫と言われる後藤家以外の作は地金がバラエティに富んでいるので、やはり決めては作域がポイントになるのでしょうか。そういう見方をすれば、本小柄は何となく奈良系の匂いがします。ここは奈良三作と謳われた安親にむりやり託けるのもアピールの一つ・・・ですが、やっぱり姑息な真似はやめるとします。

本小柄の造はなんと片手巻(一枚貼)。んー、ぺらぺらの数物ならわかりますが、この厚みで片手巻? しかしよく精査しても合わせ目が片側にしか確認できません(ただし確信は持てません)。真鍮って柔らかいのでしょうか? しかも合わせ目は刃方側。一般的に片手巻の合わせ目は圧倒的に棟方側が多いのです。ただ、力学的には負荷のかかる棟方側で折り返せば、割れのリスクが軽減するのは確かで、刃方側で合わせるのは加工しやすからと推測されています。であれば、本作は気の利いた実用品、評価アップです。

画題は波千鳥。波を毛彫で簡素に描き、千鳥は素銅を象嵌してそこへ金と赤銅の色絵を施しています。左右の千鳥が金、真ん中は赤銅。顔の表情は結構精悍に彫られています。ってことは真ん中の雌を巡る雄による争奪戦!・・・私は何を妄想しているのか・・・波と戯れる千鳥ではちょっと味気ないと思いまして・・・勝手な解釈をお許しください。状態は刃方側の合わせ目が目立つぐらいで、色揚げの状態はややムラっけがありますが渋く落ち着いています。出来立ての頃は裏面のような緋色銅の色合いだったようで、赤っぽい色合いに覆われていたのが想像できます。