HOME
kozuka symbol

護剣図(菊紋)雷除日本鍛冶宗匠伊賀守藤原金道

商品番号:KZ-035

共小柄 江戸後期 桐箱入

55,000円

鉄地 印籠刻 高彫 金銀布目象嵌

長さ:22.5cm(柄部:9.9cm/穂先部:12.6cm) 小口部の幅:1.36cm 戸尻部幅:1.52cm

高さ(紋部最大):0.56cm 重さ:46.84g

珍しい小柄の紹介です。一見、貫級刀(馬針)とも考えましたが、先が小柄の穂先となっているため共小柄の類としました。胴の部分は戦いの仏神が持つような剣の柄前状になっており、金と銀の布目象嵌が施されています。両端近くに梵字らしき文字が一つずつ彫られています。なので、とりあえず画題は護剣図ということで誤魔化します。その裏面は全面に銀の布目象嵌、結構贅沢な造込です。そして穂先は、これまた特殊な形状で短刀を思わせる姿をしており、鎬筋もあります。両刃造または菖蒲造かとよく見れば、先の方が削ぎ落とされて鵜首風になった姿・・・短刀としても珍しい部類です。そんでもって裏は真っ平らですから片切刃風鵜首造といった感じでしょうか。結構ごっついし、こりゃもう、ミニサイズの短刀ですね。(もちろん、小柄もしくは貫級刀の類ですから登録証の必要はありません)

その刀身には菊紋と銘が刻まれていて、なんと雷除日本鍛冶宗匠伊賀守藤原金道の文字が・・・はぁ〜金道の銘ですか・・・本作の製作時代は造込や色絵からすると江戸後期。となると九代か十代の金道だろうと思われますが、幕末に入った頃の十代・金道と考える方が無理がありません。もちろん、この銘が正真だとしての話ですが。使い捨ての一般的な小柄の穂先であれば銘の信用は低いと思いますが、本作の手の込んだ造込・・・結構正真の可能性は高いような気がします。というより、そう思いたいです。

状態は地金が鉄ということもあり、多少錆がついていますが、赤錆ではないので手入れを疎かにしなければこれ以上進行することはないと思います。ご自身で刃部を研いでピカピカにするのもありですが、やりすぎないように・・・特に銘のある表側は研いではいけません。価値が半減しますのでご注意を・・・この部分は刀でいう中心(なかご)に相当する部分だからです。