HOME
kozuka symbol

獅子図(無銘・伝栄乗)

商品番号:KZ-036

小柄 江戸初期 保存刀装具 桐箱入

200,000円

赤銅七子地 金紋 裏哺金

長さ:9.61cm 幅:1.48cm 高さ(紋部最大):0.72cm 重さ:33.70g

本小柄、伝がついているとはいえ後藤家六代・栄乗に極められた作。しかも紋は金紋です。真っ黒い七子地の地板に上質の金紋が中央に配した様は際立って輝いています。本体も小縁も含めて哺金で覆っているので小縁が額縁の役目を果たして豪華な飾り絵のようにさえ見えます。哺金の状態も擦れた箇所はほぼなく至って健全な状態、申し分ありません。こうしてみると、後藤家における獅子(龍も含め)の小柄は、他流派の小柄も含めその基本であり手本となる存在に思えます。

紋を見てみます。栄乗とする根拠は何なのか、薄学の私にはよく判別できません。文献等を色々見比べてみると、なるほど、確かに似ています。体の向きとフォルム、手脚の角度や動き、目玉、肋の筋、尻尾の形状・・・微妙な差異なんでしょうがこれらを見極める大先生方には敬服します。もちろん、彫の深さや強弱といった鑚の所作も重要な決め手となることが紹介されています。・・・残念ながら本作は小柄なので裏行は確認できませんが、目貫であればこれに地鉄の厚さや足(ね)の形状と長さが極の見所となります。・・・当然ながら木瓜紋(本作は洲浜紋のようにも見えます)も彫られており、後藤本家の極にいくのは必然です。納得の作域であり、栄乗という極にも承知するだけです。

蛇足ですが、栄乗は江戸期(現代も?)においてはとても評価が高く三代・乗真より代金が上位に記されているのをご存知ですか? 何故なのか明確な理由は明かされていません。大振で腰が高く陰影が濃いという乗真の特徴を品位が下がると評価したのではないか? そんなニュアンスと取れなくもありません。江戸期の話ですから現代の評価とは比べてはいけませんし、ある意味、趣向の評価です。因みに明治期以降では、刀装具研究のバイブルの一つといえる日本装剣金工史(桑原洋次郎著)の中で栄乗の作行は乗真に近いとしています。・・・それを口実にではないですが、後藤家の獅子を研究・愛蔵する方にとっては、本作は良い作例かもしれません。私もこれを機に文献だけではなく、実物を見比べて研鑽することの大切さを学びました。次回からこの手の作を紹介するときは、もっと突っ込んだ紹介を試みたいと思います。ただ、あくまで抱負であって、怠け者の私に期待してはいけません。