HOME
kogai symbol

笛図(無銘)

商品番号:KG-008

笄 江戸後期 桐箱入

45,000円

赤銅七子地 高彫(鑞付据紋) 金色絵 

長さ:21.5cm 幅:1.26cm 高さ(紋部最大):0.48cm 重さ:35.50g

笛が中央に一本、それは判るのですが、他は何を表したものなのか? 左側にある扇子のような形をしたものは何でしょうか? 側面に束ねるための溝らしき彫がありますが、三味線の撥のようでもあるし・・・もしかして紐状のものは三味線の弦かとよく見れば捩りの線らしき刻みがあり、弦というより縄状の紐・・・そんでもって笛の中央付近から出ている房のようなものは? 扇子らしきものの先端部分にも見えます。となると采配道具? 笛以外は正体不明、組み合わせも不詳の本笄の画題。なので仮で笛図とした次第です。どなたかこの正体不明の品々をご存知の方、ぜひご教示いただければ幸いです。

画題は不詳でもそれらの持つニュアンスは伝わってきます。何となく優雅で文化的な感じのする品々と思うのですが、やはり笛の存在がそう匂わせるのかもしれません。彫口は思った以上に細かく、笛の孔も抜かりなく彫られています。七子地は丁寧で整然と蒔かれており、粒もまた繊細で上手です。

体配の肉置は薄く、江戸中期以降の特徴そのままの姿、紋も当然の如く腰が低く作られています。小縁の際に蒔かれた七子粒に半欠け状のものが散見されますから、造は地板嵌込方式で紋は鑞付です。そこに金色絵を施しており剥がれた箇所は見当たりません。蕨手の形状や体配、擦れのほとんどない健全な七子地からからすると制作時代はおそらく江戸後期。極は京金工もしくは加賀後藤と見て良いのではないでしょうか。脇後藤という線もありえますが、赤銅の色合いがかなり黒っぽいので、審査に出せば後藤についちゃうかもしれませんね。・・・後藤の極はあくまで希望的観測であって、当店はもちろん保証は致しません、あしからず・・・ぬはははは。健全度は、七子地は申し分ない状態ですが、裏面の上部あたりの色合がやや擦れで薄くなっています。ま、これはちゃんと実用に供された証でもあり、鑑賞の許容範囲の状態です。