HOME
menuki symbol

咬合獅子図(無銘・京金具師)

商品番号:MK-012

目貫 江戸後期 保存刀装具 桐箱入

30,000円

金・赤銅芋継様式地 容彫 金色絵

表目貫/長さ:3.30cm 幅:1.37cm 高さ:0.50cm 重さ:2.66g

裏目貫/長さ:3.19cm 幅:1.26cm 高さ:0.52cm 重さ:2.59g

芋継(いもつぎ)という目貫における造込の手法をご存知ですか? 一般的には土木用語ですが、刀装具においても極めて稀に散見される手法の一つです。私も一度だけ経眼したことがあります。咬合獅子ではありませんでしたが、やはり獅子を題材にした二疋獅子の目貫でした。何が稀かって?、それは本来なら鑞付できない金属同士をくっつけてしまう技法だからです。経眼した類例で言えば、金無垢と赤銅の地金をくっつけて一つの形にするわけです。金と赤銅は鑞付できません。なので継目の形状を工夫し融合させて接合させるのです。

本目貫を見てみると、表からの見映えは赤銅地に片方だけ金色絵を施した普通に見られる飾色で、上手の作にさえ見えます。しかし裏行を見ると、金色絵の方が際端の底まで廻り込んで施されています。敢えて、継目の境界を強調したかのような造です。加えて表目貫だけに見えている足の頭が金色っぽく光っています。しかしこのショボい足は真鍮です。これは足も金を使っていますよと偽った所作であり、つまりはこの目貫は芋継の手法で作っていますと最初から騙すつもりで造り込んでいるとしか思えません。以前の持ち主は芋継をかすかに期待して裏目貫の足をほじくったようですが、最初から無かったことを知り本目貫の正体を理解したようです。しかし、芋継モドキとはいえ赤銅部分と金色絵の部分を本物と同じくわざわざ分けている点は、ちょっと感心します(継目の部分が重なっている様子でわかると思います)。

で、問題になるのが制作時代です。この手法は桃山期の終わりから江戸最初期に稀に見られる手法で後藤家の光乗や徳乗にその作例があるようです。つまり本作は桃山期から江戸最初期の後藤家の作を模した目貫であり、よく言えば写物、悪く言えば偽物です。本当に芋継で作られていたなら立派な写物として評価されるものですが、なんちゃって模倣品となれば悪意を感じる偽物と言われても仕方ありません。それに追い討ちをかけるわけではありませんが、本目貫の制作時期は幕末以降、へたをすれば明治期にかかるかもしれません。裏行の地金の厚みをご覧ください。極めて薄いのは桃山以前にある造込に似ていますが、その厚みが一様に均一です。まるで機械でプレスしたかのような出来栄え・・・みなさんこういう地金を目にしたら要注意! そのほとんどは幕末から未時期以降の作と考えた方が無難です。本来の圧出による板厚は、手作業による叢がないと信用できません。そうなると裏行に詰まった麦漆も怪しく思え、継ぎ目を隠すための偽装工作で材料も異なる気がします。麦漆を削り取ったところに薄白色をしたシリコン状のものがありますが、これは現代の接着剤に似ています・・・

肝心の極ですが日刀保様は京金具師という最近流行の極をしたようです。否定するつもりはありませんが、プレスのような板厚を考慮に入れているのか疑問を感じます。しかしある意味、貴重な作例の見本として鑑定書が付くのは良いのかもしれません。ただし、間違った評価のまま巷に流れて欲しくはありません。皆さんにはこの一連の所作をご納得の上でご検討くだされば幸いです。芋継モドキ・・・いい見本ですよ。むふふふふ・・・・