HOME
menuki symbol

二疋獅子図(無銘・後藤)

商品番号:MK-022

目貫 江戸前期 保存刀装具 桐箱入

90,000円

赤銅地 容彫 金色絵

表目貫/長さ:3.66cm 幅:1.63cm 高さ:0.60cm 重さ:5.80g

裏目貫/長さ:3.75cm 幅:1.76cm 高さ:0.60cm 重さ:5.56g

後藤と極められた二疋獅子の目貫。漆黒の黒さです。山高く谷低い腰高の彫口は目にした瞬間、後藤の作を連想させる出来栄えで、緻密で繊細な彫が確認できます。王道を地で行くような作風の本作、後藤とするのは妥当であり納得の極です。
ただ、これほどの作を個銘をつけずに単に後藤とだけ記載したのか・・・おそらく、次に挙げる特徴と作域が個銘に結びつけるほどの決定打を導けなかった・・・からでしょうか。

裏行から・・・地板はかなり薄く、強い圧出は均一で丁寧です。見事な打出、GOOD! 足(根)は角棒でやや長め、色合いや支金の状態から生の足でしょう。表のフォルム・・・肉付(肉置)は豊かに見えますが、ダボっとした感じはしません。目玉はやや出目風(金色絵が施され、鑑定書にはご丁寧に記載されています)。手脚は詰まった感じはしませんが、表裏目貫ともに下の獅子の前脚が閉じています。尻尾は裏目貫の上の獅子だけ逆向き。躰の班は木瓜紋風、肋の彫はやや深めに思えます。

私見ですが総体に見事な彫口を見せていますが、これらの特徴や所作を江戸前期の歴代後藤家の面々に照らし合わせてみると、どれもが合っていてどれもが合わないのです。造込から江戸前期とした根拠は、地板の薄さ、陰陽根ではなく角棒の足、裏面の錆状態などからで、特に地板の薄さと圧出の状態は江戸中期以降には見られない所作です。足が角棒ですから六代・栄乗から十代・廉乗のあたり制作時期とみるのが妥当ですが、彼らの特徴に本目貫の所作がバラバラに合っているため、個銘に導けないわけです。

まあ、どのみち歴代の特徴は見た目のイメージに基づくものが多く、他の作も含めて〇〇風と考えればいいわけです。銘が刻られているわけでもなし、作者の特定は土台無理な話(こんなふうに書くと、御上から指導が入りそうな・・・お代官様、お許しを・・・)。ということで、本目貫の制作時代は江戸前期、作者はその時期の後藤家の誰か・・・作域からは決して脇後藤などではなく本家筋の誰かということで一件落着(なぁ〜んだ、鑑定書のママじゃないか!って・・・いやいや、ちゃんと時代を示したことでご容赦ください)。