HOME
menuki symbol

俸禄図(無銘)

商品番号:MK-028

目貫 室町後期 桐箱入

40,000円

山銅地 容彫 金鍍金

表目貫/長さ:4.50cm 幅:1.45cm 高さ:0.45cm 重さ:3.69g

裏目貫/長さ:4.48cm 幅:1.42cm 高さ:0.47cm 重さ:3.85g

武士の時代も遊び心は持っていたわけで、語呂合わせを画題にした刀装具も結構見かけます。「葡萄に栗鼠」=「武道に律する」なんかはよく目にする画題で、本作の俸禄(ほうろく)も「蜂(ほう)」+「鹿(ろく)」の組み合わせでよくあるパターンです。給料を沢山貰えるようにという願いを込めた画題ですが、「蜂+鹿」は鹿の角を蜂が刺しても何も感じないという意味もあります。本目貫の場合は後者の意味合いの方でしょうね。なんつったって、本作の角は鹿の角には思えず、どう見ても牛の角にしか見えませんもの。いや待てよ、象牙かも?(以後、象牙であっても角として話を進めます)

それにしても本作のフォルムは大胆かつ独特の形状に見えます。しかしよく見てください。蜂の躰の一番高い箇所を頂点とし角の左右と弧を結べば、総体に目貫の形状となります。蜂の左右の空間が埋まっているものだと考えればいい訳です。やはり古い目貫は、程度の差はあれ実用という視点を基本にしていることが窺い知れます。

地金は山銅で磨地風の質感をしています。飾色は焼付色絵にみえますが、おそらく金鍍金でしょう。彫は角の面積が広いので見所が少ないのですが、蜂の翅もちゃんと描いており顔だって結構愛嬌があります。最大の見所は地板の圧出、特に板厚が均一で薄いことです。裏行全体は表側同様にのっぺりと見えますが、この、のっぺり感は金工の巧みな技が作り出した成果であり、拍手ものです。この妙技を評価せずに古い目貫は語れません。足はどうやら生のようですが、裏目貫は欠損してありません。支金は最初からないようです。

制作時代は、この大きさとデザインのフォルムを考慮すれば桃山期とすべきところですが、この地板の薄さと圧出を優先するならば、私見ながら室町後期と強気に出たいところです。どのみち江戸期にかかる造込ではなく、古の作には違いないのは確かです。