HOME
menuki symbol

野菜に鼠図(無銘・古金工)

商品番号:MK-035

目貫 桃山期 保存刀装具 桐箱入

80,000円

山銅磨地 容彫 象嵌色絵

表目貫/長さ:4.58cm 幅:1.40cm 高さ:0.61cm 重さ:4.11g

裏目貫/長さ:4.48cm 幅:1.38cm 高さ:0.63cm 重さ:4.48g

山銅磨地・・・? はて?、目貫の鑑定書で山銅磨地の表記は初めてです。私が経眼していないだけかな。それとも最近の表記が多彩になったのか。いつもなら山銅地という材質だけの表記なんだけど、なんか混乱するなぁ〜。確かに地金の表面がツルツルで、そう表記した理由はわかる気がするけど・・・ま、いいか、評価に影響するわけでもなさそうだし。

横長で大きめのサイズ、定番のラグビーボール状ではなく桃山期の目貫としてはちょっと異質な形状です。流派や国など古金工の範囲は広く深いので、こういうフォルムも全然アリなんでしょうが、何となく江戸初期頃の風合いを感じさせます。それでも裏行を見れば、ああーやっぱり古金工だわね。こりゃーかなり古いかもしないと疑問の目を引き戻してくれます。この地板の薄さ・・・んー桃山期どころか室町後期とみても不思議ではありません。この所作を江戸期の目貫だなんていったら積み上げてきた鑑定の基礎がぶっ飛びます。そんでもってかなり責め込んだ圧出は丁寧で巧みな鑚捌きをみせています。文句なしの圧出です。でも、この圧出の妙を評価してくれる方が最近少なく感じるのは時代の趨勢なのか、表の作域と健全度ばかりが注目されてちょっと残念(ヘタレジジイの戯言と切り捨ててください)。

その表の作域をみれば、なかなかユニークな画題とデフォルメ感。表目貫は瓜と茄子に鼠がへばり付いているのか囓っている構図。裏目貫は瓜と南瓜の上に正面を向いた鼠がちょこんと乗っかっている構図です。この鼠、耳を巨大化すればよくある耳長ウサギ・・・構図的にも本歌の耳長ウサギをモデルにした写かもしれません。どちらの鼠もヒゲの表現が面白く漫画チックな感じがします。この手の表現は古い小道具によく見られ、栗のイガイガや松葉、栗鼠の尻尾なんかも細い線を表現する際のデフォルメです。彫口は丸味を帯びた野菜なので、鼠意外に毛彫の箇所が少なく評価はスルー。ただ、裏目貫の鼠の尻尾の形状も見所で、一旦、下に流れてから南瓜の裏に回り込み、先っぽが南瓜の右横下からちょびっと出ています。表目貫の鼠の尻尾がやはりナスの端っこまで伸びてちょびっと外に出ています。デザイン的な構図を意識しての展開でしょう。

いろいろ見ていくと、随分と考えられたデザインであり、なんたって、愛着が湧きそうな目貫です。尚且つ造の所作は極めて上手で、底も削られた形跡はなく良い状態です。