HOME
menuki symbol

茄子図(無銘)

商品番号:MK-045

目貫 江戸前期 桐箱入

25,000円

赤銅地 容彫

表目貫/長さ:3.98cm 幅:1.16cm 高さ:0.47cm 重さ:3.34g

裏目貫/長さ:3.90cm 幅:1.15cm 高さ:0.49cm 重さ:3.23g

よく見かける茄子の目貫。定番作と言って良いぐらいで、形状や色絵もバリエーション豊か。庶民の味方・・・あ、いや失礼! 撰択肢が多いとうことで・・・いつも思うことですが、小道具に描かれる茄子の形は丸いのがほとんど。昔は丸茄子しかなかったのでしょうか。本作も丸茄子です。茄子を五つ、横長に並べた構図ですが、これもよくある形状。じゃ〜本作の売りと特徴はと聞かれれば、正直言葉に詰まります。蔕の部分には茄子らしい刻と点々もあり、わずかに楕円形のぷっくりとした実は可愛さもあるのですが、それが何なんだ?と反論されれば無言の抵抗を試みるしかありません。

少し横長のフォルム? これはちょっと時代に関係するかも。桃山期以前のラグビーボール状のフォルムではなく、この手合いの横長形状は江戸前期に割と多い姿です。ま、江戸中期以降になればフォルムの定番なんかなんのその、奇抜でユニークな目貫が闊歩します。色絵はなく無赤銅の目貫で、裏行を見れば、あらら、ちょっと厚めの地板。圧出は弱めながらしっかりと打出しているようです。足は両目貫とも欠損して支金だけが残された状態・・・銀色の鑞らしき痕跡があることから足は後補の可能性が高いと推測されます。銀色ですからねー。半田でしょうから幕末の所作と考えられます。

地金は少し赤みがかった赤銅(しゃくどう)地。この赤銅地ですが、赤味があるから赤銅ではありませんのでご注意を。よく素銅(すあか)や山銅(やまがね)を勘違いして赤銅と見ている方がいますが、赤銅は黒いのです。後藤家の赤銅色なんか、真っ黒黒助です。元々は烏の黒色に準じているのは皆さんもよくご存じのはずです。銅色などの赤が強いのは山銅か素銅、または緋色銅です・・・(重々承知の皆さんには余計な話、お許しください。) ただし、赤銅と山銅をどこで判断するのかといえば、今のところ見た目の色合いのようです。ですから、個人差も大きく影響しますし、鑑定書でも同じことが言えます。仕方ありません、分析器にかけるには高額な費用がかかりますから。

てなわけで、本目貫の制作時代は江戸前期、見方によっては中期まで下がるかもしれませんのであらかじめご容赦ください。極めですか? いや困ったな・・・一応、京金工としておきます。町彫の可能性もありますが、後藤家ではないことは確かでしょう。審査に出せば古金工という極も期待できますが、それはギャンブルですので覚悟してご提出を・・・。