HOME
menuki symbol

鼓図(無銘)

商品番号:MK-048

目貫 江戸後期 桐箱入

22,000円

赤銅地 容彫 金色絵

表目貫/長さ:3.85cm 幅:1.50cm 高さ:0.48cm 重さ:4.05g

裏目貫/長さ:3.80cm 幅:1.42cm 高さ:0.49cm 重さ:3.94g

目貫の鼓図といえば、鼓に紐を絡めたこの構図。定番のデザインです。どっちが表目貫なのか迷うぐらい表裏目貫の形状はほぼ同じ。違いと言ったら紐の絡まり具合が相対になっているのと色絵の文様が多少違っているぐらいです。見た目の状態は擦れや色落ちもなく極めて健全な状態で、これといった疵もありません。抜孔の処理もバリなどもなく、卒なく仕上げているようです。ただ、紐の捻りぐらいは表だけではなく側面まで気を使って手を入れて欲しかったなと思うのですが・・・。

本作、とりあえず見た目の色合いから赤銅地と記載しましたが、お日様の下で確認すると山銅に近い赤味を帯びており、地金は山銅かもしれません。ご検討なされる方はご留意の上ご判断ください。肝心の裏行に目をやると、やはりというか底面に高さを調整した鑢痕が・・・削られていたか!・・・仮に生の状態に戻してみれば、本来は元腰が高く裾際のククリもある形状で板厚もそれなりに薄かったのが想像されます(惜しいなぁと率直に思う私)。圧出も悪くはない所作で鑚跡が明瞭に残されています。ただ、足(根)は表裏目貫ともにかなり細めの丸棒だったらしく、それを補う支金が足の両脇に残されているのが判ります。うー細い足・・・制作時代が江戸後期ですから如何仕方ないのかもしれません。まあ、腰も低くしたし、これで事足りたのでしょう。

極めですが、見た目の風合いからは加賀後藤か加賀金工に行きたいところですが、色絵が平象嵌ではないし、結局のところ京金工に収まってしまうのでしょうね。審査に出せば判りませんが、京金具師にされてしまうかもしれません。まかり間違って後藤なんて極められたら・・・どうしましょう。色眼鏡の大先生が闊歩する日刀保さまですから、わかりませんよ〜! 私の言葉に乗せられて拙速しないようにお願いします。ぬははは・・・