HOME
fuchigashira symbol

老梅図(無銘)

商品番号:FG-008

縁頭 江戸初期 桐箱入

30,000円

赤銅七子地 高彫 金銀色絵

縁/縦:3.71cm 横:2.13(紋部最大:2.25)cm 高さ:1.18cm 重さ:16.51g

頭/縦:3.33cm 横:1.77cm 高さ(紋部最大):0.64cm 重さ:7.90g

本作の飾色を金銀色絵としましたが、迷っています。どうも袋着のようでなりません。焼付色絵に見られる掠れたような所作はなく、ペリッと剥がれた所作があちこちに見られるのです。しかし、金板を留める溝らしき線はあるような無いような・・・私見では袋着せと言いたいところですが、自信が持てません。もし私の見立て通り袋着であれば、制作時代は桃山末期から江戸最初期となり、その時代に縁頭という一対の概念は無かったという見解も崩れることになり、時代の辻褄が合わなくなります。ただし、本作の頭は、どうも腰が低すぎる気がします。ということは、もしかして鐺? これが鐺を転用した頭となれば、時代の整合性はとれることになり一見落着なのですが・・・袋着ではなく厚い金板を鑞付または漆等で固定した可能性もありますが、それはそれで時代的な辻褄は合うことになり、江戸初期とした当店の時代極は大きくズレてはいないと考えています。

彫口はかなり上手の作域で、画題である老梅を緻密にそして丁寧に彫り上げています。裏からの打出は弱めですが、その分表の肉置が必要なことから随分と贅沢な造込が見えてきます・・・何しろ肉彫ですから。七子地も整っており、赤銅の色合いもかなりの黒さ。数物とは一線を隠した上手作です。ただ、縁の天井金ですが、裏面に一部ですが銀色の鑞が確認できます。これはおそらく、幕末頃にハンダで修理を施した候補の痕跡です。

老梅のデザインもまた見所で、空間を意識した江戸中期以降のレイアウトではなく、枝振りを画角一杯に広げた古風な構図は、室町期の古後藤や古金工の作と見紛うようです。鐺を頭に転用したのが単に合理的な都合であったとしても、結果的に古き時代の感覚を継承しつつ縁頭という新しい概念に取り込む試みとなったことが見てとれます。

本作をもし審査に出せば、果たしてどんな極がつくのか・・・古金工の縁頭? ないでしょうね。おそらく頭を鐺の転用とは見てくれない可能性が高く、色絵も袋着ではなく単に金色絵とされてしまう可能性が高いです。ってことは、京金工とか京金具師あたりに極められると想像されます。う〜〜ん・・・・