HOME
fuchigashira symbol

蝶尽図(無銘)

商品番号:FG-012

縁頭 江戸後期 桐箱入

17,000円

山銅七子地 高彫 金色絵 黒漆塗

縁/縦:3.85cm 横(紋部最大):2.28cm 高さ:0.85cm 重さ:14.56g

頭/縦:3.48cm 横:1.63cm 高さ(紋部最大):0.70cm 重さ:7.70g

縁に五匹、頭に三匹、隙間狭しと蝶が集まっています。しっかし、この蝶のデフォルメはなんて大胆な・・・まるで通常の形状を横に200%拡大したような横長のフォルム。一見、トンボかとも思いましたが、よく見ればやっぱり蝶で(蛾ではないですよね?)。そんでもって、レイアウトの仕方がまたユニーク・・・隙間を埋めるように斜めに、そして順序よく列にを作っています。一種のパターン化したレイアウトであり、壁紙的なデザインともいえます。

造は裏打出の高彫です。裏からかなり責めていて鑚跡が深く明瞭に残っています。地板はやや厚めで縁の腰は低く、頭もかなり低いようです。この頭、もしかして鐺の転用かもしれません・・・鵐目孔が底ギリギリまで迫っており、上部も余裕がありません。鵐目を入れた状態だとスペース一杯一杯といった感じです。この造込とデザインから制作時代を江戸後期としましたが、これが縁と鐺とすれば江戸中期まで時代を上げてみることも一考です。

見所がもう一つ。羽を彩る金色絵が強烈にアピールしています。おまけに黒との対比でより一層映えて見えます。その黒色ですが、最初は地金が赤銅かと思ってみれば、山銅ではないですか・・・山銅?ん〜山銅の七子地? じゃーこの真っ黒な色は赤銅の色絵?・・・あぅっ、擦れた箇所で判明です・・・この黒は漆です。フチ(底)と際端に金色絵を施してあるのにその上黒い色(漆)が塗られていることからも確認できます。蝶の羽と目以外を全部漆で塗りたくったようです。道理で黒いわけです。因みに目は素銅の色絵です。漆を塗るのは刀装具では鐔なんかに類例がありますが、それ以外では初見の例です。山銅の地色では金色が映えなかったのでしょうか。それとも擦れて見映えが悪いので補修したのでしょうか。鐔なら保存目的が考えられますが、縁頭を保存することなど考えられないのですが・・・ということで、デザインも大胆ですが、飾色も大胆というか極めてユニークで珍しい所作が楽しめる縁頭(縁鐺?)です。因みに流派・系統はまるっきし見当もつきません。