HOME
fuchigashira symbol

黒漆磯草塗濃藍糸巻合口拵

商品番号:TK-010

合口拵 江戸後期

60,000円

縁頭・鯉口・鐺・栗型・裏瓦/吉祥文字図(無銘) 鉄地 高彫
目貫/集落に松図(無銘) 山銅地 容彫 金露象嵌
小柄/文字に草花図 鉄地 高彫 象嵌色絵

拵/全長:約52.5cm 柄長:約12.8cm 鞘長:約39.7cm 重さ:235g

ツナギ/刃長:36.8cm 反:0.4cm 茎長:8.5cm

ちょっと渋めの合口拵。本拵は生の完品に近い状態です。裏瓦が外れてしまったのか、くっつけ直した補修の跡があるだけで、他は当時の姿を保っています。縁頭・鯉口・鐺・栗型・裏瓦・・・目貫と小柄を除いた金具は全て一作物で統一されています。返角が無いのが惜しいですが、最初から付けられていませんので仕方ありませんね。これの金具、裏瓦を除いて全てに吉祥文字が彫られています。

縁と鯉口の合口には「花・樹・真・堪・賞」、頭には「瑶・花」、鐺には「佳・興」、そして栗型には「林」の文字。裏瓦だけは面積が小さく描けなかったのか桜風の花弁が彫られています。さーて、どう解釈するのか、読みも意味も、その読み順も皆目見当がつきません。根気よく調べていけば解明できるのかも知れませんが私はグータラの怠け者。なにやら茶会や歌会といった高尚で文化・文学的雰囲気を感じるこれらの文字群には尚更挑む勇気もやる気も起きません。なので、皆さんに丸投げします。地金は鉄で裏打出の痕跡がないので高肉彫の仕様ですが、鋳物の可能性もあります。時代は幕末でしょうか。

小柄はやはり鉄地に文字と草花の象嵌色絵を施した幕末期の作です。文字が象嵌されているのでこれも揃いかと思いたくなりますが、全くの別物。後世の合わせ物です。書かれている文字は「草花 中煉色」。どうやら花の色合いを示しているようですが、はっきりしたことは不明です。しかし金具類とはテーマのイメージが合っているようで、細かいことは言わないで頂ければ助かります。因みに付随する小刀穂には「三州住源氏次」という銘が刻られています。三河に氏次はいますが藤原姓、ん〜本作は源姓・・・どこまで信じられるか。やっぱり銘刻師の仕事でしょうか?

目貫だけは別物で山銅地に金色絵の露象嵌を施してます。結構緻密な彫口で家の軒並みに松樹が覆いかぶさったような絵柄。制作時代は江戸中期とみていますが、裏行次第では江戸前期も考えられます。残念ながら裏行は見えないので推定ということでご容赦ください。濃藍色の柄巻はちょっと粗めの木綿糸巻。絶対とは言い切れませんが、幕末はあると思われます。目貫に掛かる箇所が一部切れてほつれているのは経年と実用の痕跡だと思い大目に見てください。

鞘は黒漆の磯草塗。良い出来です。テカリのある磯草模様がマットな地に浮かび上がるような紋様になって、チョイ渋な印象で雰囲気があり、謎の文字群と合わせて本拵の見所と言えます。・・・まさか茶刀ではないでしょうね? 茶刀は中身の抜けない木製ですから違うとは思いますが、そういった文化的な催しに関係する侍が使用したとも考えられます。因みに中身は平造か利刀造の寸延短刀のようで、室町後期から江戸初期、または幕末頃の作だったと思われます。