HOME
soroikanagu symbol

犀図 光友(花押)

商品番号:SK-002

二所物 江戸前期・後期 保存刀装具 桐箱入

80,000円

笄/赤銅七子地 赤銅据紋 金色絵 目貫/赤銅地 容彫

笄/長さ:20.6cm 幅:1.17cm 高さ(紋部最大):0.46cm 重さ:32.35g

目貫/[表]長さ:3.34cm 幅:1.42cm 高さ:0.56cm 重さ:4.37g
[裏]長さ:3.39cm 幅:1.50cm 高さ:0.56cm 重さ:4.00g

この二所物は生のセットではありません。後世に取り合わせた二所物です。それも現代に入ってからの所業であり、鑑定書も笄にだけついています。とはいえ、落し込みの桐箱は新しくはなく、なぜ二所物として審査を受けなかったのか謎です。まさか目貫は審査に通らなかったのか? いや、それはありえないでしょう。なにせ、目貫の方が古いのですから・・・取り合わせの揃金具は江戸時代から当たり前に存在し、生の揃金具より圧倒的に多いのが実情であり、気にするものではないのかもしれませんね。というわけで、二所物になった経緯はこれ以上詮索しても仕方がないので、それぞれ作域を見ていきましょう。

それにしても両者のフォルムは似ています。一見しただけでは言われなければ取り合わせとは気づかないかもしれませんね。違いといえば、身体の膨よかさ(笄はややスマート、目貫は太め)、尻尾の形状は明確に異なります。他には仔細なことですが、笄は目に金色絵が施され、目貫は色絵のない無赤銅の作りというぐらいです。

目貫は赤銅の色合いが上質で黒く、地板も薄めで圧出も強く中々の上作です。彫口は尻尾に抜孔を設けて欲しかったものの、総体に腰が高く、山谷の強弱があり至って丁寧ですが、後藤家の作とするにはちょっと勇気が入ります。形状がやや横長であることを踏まえると、江戸前期頃の脇後藤か京金工あたりの作と推測されます。

笄の地金は目貫よりもやや赤味を帯びています。状態がすこぶるよく、七子地は健全そのもの。その七子地ですが、僅かに乱れた箇所があるものの、地板自体(額内)は嵌込方式ではなく無垢の本体からの造込。江戸後期という時代を考えれば、かなり贅沢というか類例が少ない造込です。紋は細かい箇所まで彫り上げていて手が込んだ彫口。そしてなんと据紋です。しかも鑞付ではありません。裏からではなく上からのリベット留なのです。時たま散見される手法ですが、そうそうあるものでもなく希少です。おまけに目貫を紋代りに代用したものではなく、最初からこの造のようなのです。おそらく本体は同一規格を何本も作っておいて、紋だけ注文によってオリジナル作を彫り上げて据えたと思われますが、なぜ鑞付より手間のかかるリベット留にしたのか? 他の類例も含めてナゾナゾの領域です。あまり深く考えずに、そいう所作をする金工だったと考えれば良いのですが・・・その金工は光友。光友は複数人いますが、花押と銘振からして後藤家の光友と推測されます。これが正しければ脇後藤系の作となり、時代は違えど目貫との取り合わせも満更ではありません。・・・最後は無理やりの合わせ技でまとめてみたのですが、仲良く一つの箱に同居しているのですから大目にみてください。